2コメント

粘着道場の同調圧力

とても不思議なコメントが届いておりましたのでご紹介します。
B1EE7A49-3B76-435F-98F2-EF633F6F9A19.jpg

イボ道場の底辺門下生である衆道Qooが平日の午後1時と2時の二回に分けてほぼ同内容の短文コメントを寄こしました。

このコメント内容はまったく意味が分かりません。
この底辺門下生は「粘着」という言葉の意味を理解出来ないぐらいの知能しかないのでしょう。
哀れなことです。

私が自分の個人ブログに記事を書くことを彼は粘着と呼んでいるのでしょうか?
それとも私が自分のブログで肉ヘドロ将軍について批評していることをもって粘着と称しているのでしょうか?
いずれにせよ馬鹿としか言いようがありません。
肉ヘドロ将軍はTwitterでツイートを公開しています。
世間に公開している以上、それについて批評の目に晒される覚悟をしなければなりません。
それが嫌なら鍵垢にすりゃいいのです。

無論、私のブログ内容についても自由に語ってもらって構いませんし、それをもって粘着であるなどと私は言いません。
だって、それは別に粘着ではありませんからね。

勿論、コメント欄へ感想や批判も受け付けていますので、私のブログ内容に不満があるのならば、意見を投稿してもらって構いません。

衆道Qooが送りつけてきたような馬鹿丸出しのコメントも大歓迎です。
それを読んだ人は「やはりイボ道場の連中ってオツムが弱い憐れなサッドモンスターしかいないんだな」と思われるだけですから、どしどし投稿して下さい。


それから、私のことやこのブログについて、何かしらの意見を公にしていたら、たとえそれが私へ直接リプを送って来ていなくても、それについて私はネタにもしますし、Twitterであった場合は直接返事をする場合もあります。

今回、肉ヘドロ将軍に直接返信したのも、私について呟いていたからです。

DA157843-6DE9-4D0F-903D-207571D0DBB6.jpg

私についてのデマを流していたので、それは看過することは出来ないので話しかけにいったわけです。
人のデマを流しておいて、そのことについて本人が訂正を求めていることを「粘着」だなどと普通は言いません。



さて、デマを流したことについて、未だ謝罪もしなければ反省する素振りも見せない肉ヘドロ将軍の一連のツイートについての分析をしていきたいと思うのですが、その前にイボブログについて、指摘しておきたいことがありますので、それを先に済ませておきましょう。



↑このイボの同調圧力ブログの必死さが実に笑えます。

道場が組織化され、運動化していることへの弁明や今一番のオキニである遅延ブー(仮名)へのエクストリーム擁護をしているのですが、このブログ内容で納得出来る奴らの頭蓋の中身はカラッポでしょう。

遅延ブーの《ストレスも時間も費用(今のところ自己負担)も大きくなっていると思うが、こんな仕事は今のところ他の人には出来ない。》と言われて、他の門弟は恐縮しなければならないのでしょうか?

運動の運営や設営をしたくて門弟登録したわけではなく、公論形成に参加したかった連中にしてみれば、遅延ブーの行動など知ったこっちゃないでしょう。
散々運動否定をしてきたくせに、結局はイボ賛美の運動をしているだけじゃねぇかとの不満が高まってきているのではないでしょうか。

イボナメクジは《みんな大人だから、それが分かり始めた。もはや「反ちぇぶ派」という者はほとんどいなくなった。》と書いていますが、果たしてそれは本当でしょうか?
イボナメクジがこのようなブログをあげて同調圧力をかけて黙らせているだけで、内心では不満が溜まり、余計に遅延ブーに対して良くない感情がわだかまってしまっているのだろうと誰でも想像出来るでしょう。

メーリス一本化によって、「公共」の監視の目を意識せざるをえず、変化を受け入れつつある。》とは冷戦下の東ドイツのシュタージみたいな感じですか?

そして、これはいつものイボ舐め手法なのですが、ブログ記事の最後に九州門下生の誰かが遅延ブーに対して「ピンクのふわっとしたパステル系の服を着ろ」と言ったとして、《絶句だよ。泉美さんが激怒しているぞ!》と書いていますが、これだけではその発言が絶句するほどのものかどうか判断することは出来ないのが普通でしょう。

その発言者が男なのか女なのかも分からず、どんな状況で出た言葉なのかも説明せずに、《しかし、九州の男尊女卑感覚はやっぱり凄いね。》と言って断罪するのです。

そもそもイボナメクジは女性の髪型や服装について職場などで指摘することはセクハラに当たるという意見に対して激怒して、「そんなことを言い出したら何も言えなくなる。セクハラヒステリーの言葉狩りはやめろ」というようなことを散々言っていた筈であり、その数々の発言について撤回もしていません。

単に九州道場の奴らが気に入らないから言いがかりをつけているだけなのは一目瞭然です。


とにかく、全国推進隊長遅延ブーには逆らうなというイボナメクジからの同調圧力のあと、イボからの指令を受けたドロヘドロがまたしも遅延ブーの内部メールを公開しました。


その内容について、個人的には色々と笑える箇所があったのですが、それについては特に語らないでおきます。
ただ、その内部メールを読んだ部外者はおそらく前回の内部メール同様にドン引きするだけでしょう。
一般常識のないイボとヘドロにはそれが分からないようです。
笑います。

ドロヘドロは《ここまでのことできる人、他にいます? しかもこれ、やってることのほんの一端ですからね。》と雑兵門弟や木っ端門下生に向けて圧をかけていますが、それを聞かされて恐縮する奴らは相当のマヌケでしょう。


マヌケと言えば、冒頭に紹介した衆道Qooと肉ヘドロ将軍がTwitterで会話をしていました。

5293829E-E8BF-426B-8A01-5C9DB468C4B5.jpg

知性のカケラもない会話です。
大体、自分のことを「ソレガシ」とか「セッシャ」とか称して恥じない感性をしているから、馬鹿の一つ覚えのように「粘着、粘着」と繰り返し、まともな反論も出来ないのでしょう。


この記事へのコメント

  • こんな た゛れもよまない ノレサンチマンた゛らけの
    ふ゛ろく゛の さくせいに まし゛に なっちゃって
    と゛うするの
    2019年11月06日 06:39
  • どっちもどっちだろこいつら
    ウケる(笑)
    もっとやれよ
    2019年11月05日 22:47