0コメント

エアリプ門弟ビビちゃんの酷い揶揄の件

イボナメクジは道場のゴタゴタをアンチ化した元読者が「内部分裂を工作し分派活動をしているせい」にして、自分たちの闇の部分を秘匿します。


確かに私は門弟間のギクシャクを知っていますし、メーリングリスト内の息苦しさは身をもって経験しております。
しかし、そのことを「退転」して「脱会」した人間が指摘したところで、絶対に内部分裂は起こりません。
カルトとはそういうものです。

名誉会長がどんなにとんでもないことをしていても学会員に動揺はありません。
より一致団結し以前よりも結束が強くなるだけです。
より内向きになって同調圧力を高め、同志として一体感に包まれてゆくだけなのです。


メーリングリストやライジングコメント欄に投稿していた頃を思い返すとイボ道場は意趣返しするしか能がない連中の掃き溜めでした。
あの場所に集まる奴らは自尊心と選民意識ばかりの異常者しかいません。

そういう人間は変化を極端に恐れます。
変化するということは自尊心を傷つける危機を招きますし、今の自分が選ばれし者である筈なのに変わらなければいけないなんていうのは矛盾しているので、そんなものを受け入れられるわけがありません。
それでも世の中は常に変動しています。
価値観も日々改められてゆきます。

それに対して「変えてはいけない伝統的価値がある」などという言い訳を御題目として唱え、そんな我こそは真の保守であると嘯き、時代に流される愚か者とは一線を画すなどと息巻いて、惨めったらしい自尊心と選民意識を後生大事に抱え込んでいるのがイボナメクジ率いる公論道場なのであります。


道場では、イボナメクジが目をかけている人間を非難することは許されません。
どんなに異様なことや明らかに間違ったことや差別的なことを発言していても誰も注意することは出来ません。
でありますから、以前ならば聖母苔ナビ(仮名)のぶみカリィ(仮名)、それに〆鯖子(仮名)、現在は遅延ブー(仮名)とズリセン弾き(仮名)などはどのような振る舞いをしようが自由です。

メーリングリスト内では一体何人が彼らに斬り捨て御免で葬られたのでしょうか。
あの場所では世間一般や他のネット内コミュニティのような健全な議論は期待出来ません。
これは紛れもない事実です。


個人的な趣味に耽溺しているだけならば、それは本人の勝手であるのですが、政治活動や宗教活動というのは周囲に啓蒙してゆくものでありますから、その活動については批評や批判の目に晒されることを覚悟しなければなりません。

私はしがないおっさんです。
名もなき雑草です。
そんな私でさえ、知人以外は誰も見ていないようなブログでも公にする以上はその覚悟を持っております。
文責は自分にあると考えています。

しかし、どんなに自分がそのような思いでいても、クレーマーからの通報に運営が屈してしまえば、ブログ記事は簡単に削除されてしまいます。

私はまずAmebaにてイボ道場の内情を告発するブログを書き始めましたが、本質に迫ると必ず通報を受け削除されてしまいました。


Amebaでは踏み込んだ内容を書けないと悟った私は次にFC2に更に踏み込んだ内容を書くことにしたのですが、通報を受ける度にその対応をしなければならない羽目になり、うんざりして、現在はSeesaaに移動して、また一からやり直しているところです。


Seesaaに移動してから、まだ壇ミッツさんの件について深く言及していないことに、皆さんはお気づきでしょうか?

イボナメクジにとって、壇ミッツさんの件が一番蒸し返されたくないことを私は知っています。
だからこそ、私はあえて、そのことには踏み込まずにイボナメクジに猶予を与えていたのですが、それにも関わらず、イボ道場は私の妻への中傷動画を放置したまま知らぬ顔を続けております。


ことここに至っては仕方ありません。
イボナメクジが壇ミッツさんにどのような非道な振る舞いをしたのか、再度言及してゆくしかないでしょう。


壇ミッツさんの被害については、もうコアな門弟には既に知れ渡っておりますが、その被害の事実を知ってなお、イボを支持し、被害を受けた壇ミッツさんへの嫌がらせをするのが、道場門弟のパブリックマインドです。

壇ミッツさんがTwitterにて告発アカウントを作ったところ、エアリプ門弟ビビゾネスめた子(めたるボーカル見習い)がすぐに反応しました。

C66DA552-4C12-4DDF-B4F3-353B5EC34455.jpg

私はこのツイートの存在を知った時には強い衝撃を受けました。
「この人って、ここまで腐りきった性格をしていたんだ…」と愕然とし、正直かなり落胆しました。

このツイートは時系列から考えても壇ミッツさんがツイッターアカウントを作ったことに対してエアリプしたものであると断定して良いでしょう。

つまりビビビのビビゾネスめた子は「へっへーん、イボ先生ぴゃんにフラれて逆恨みしてる未練がましいクソフェミ女がツイッターに降臨とか草生えるーっo(^o^)o」と嘲笑してみせたのです。

ビビゾネスめた子は〆鯖子とも近しい仲であった古参門弟であり、私のブログの愛読者でもあるので、壇ミッツさんがイボナメクジから受けた屈辱的な仕打ちをしっかりと把握しています。
知っていながら、このようなエアリプを飛ばせるのですから、彼女の人間性は推して知るべしでしょう。

無論、エアリプゆえに「別にアンタらのことじゃねーし」という苔ナビ直伝の言い逃れをすることも可能でしょうが、ビビゾネスめた子はこれまでにも私のブログの内容についてエアリプを飛ばしていた前科があります。
それらを踏まえてみれば、そのツイートが壇ミッツさんについてのものであるのは明白です。


そのビビゾネスめた子のツイートに対し、壇ミッツさん自らが反応しました。

BADC9400-2B83-4A9E-9DFF-4F95D1CFCEC5.jpg
C1D1DEBC-1150-45A8-9614-4E627E0DA820.jpg

もう何も付け足す必要もないぐらいズバリと核心を突いています。
このような知性は今やイボ道場で見ることはありません。




壇ミッツさんの一連のツイートを読んだあとに、↑リンク先のヘドロブログで紹介している苔ナビの感想コメントを読むとどちらが反知性主義か一目瞭然でしょう。

更にそのヘドロブログのドロヘドロの悪文には乾いた笑いも洩れません。


《「個」のない「私」欲に支配された「集」団のために、「公」の体現者である天皇がいなくなるという事態を防ぐために、ゴー宣道場の戦いは正念場です!》

これにはめまいがしました。
ドロヘドロはよく「国語力」について講釈をタレやがりますが、とりあえずお前がまず小学校の国語の授業を受け直すべきでしょう。


64580C12-795C-48DF-A97B-2F72DB4013F6.jpg


さて、これからいよいよイボナメクジの実像に迫っていきたいと思いますので、是非皆さんも飽きずにお付き合い下さい。






この記事へのコメント