3コメント

プロ門下生のすすめ

昨夜のイボブログを読むと、まったく楽しい雰囲気ではない飲み会の様子が窺え、会社業務でもないのに、忘年会スルーせずによく参加する物好きがいるものだと呆れました。
なんとか分かりあえたかな? | ゴー宣ネット道場


内輪揉めを沈静化させる能力がまるでないイボナメクジの人徳のなさには笑いますが、おそらく翌日になったらまた思い出したかのように不満をぶちまけ、すべてを周囲の人に責任転嫁するのだろうなと思っていたら、案の定、トンチンカンなブログを連投しておりました。


明らかに遅延ブー(仮名)への不満ブログでありながら、わざわざ一般論を装う辺り、イボらしい小賢しい小心さです。
しかも道場の運営についての愚痴で何故かプロ論を持ち出すトンチンカンさ。
道場参加者はプロ門下生になれと訴えているのでしょうか?


ボランティアで設営に協力している人を「厳しく指導」するとか、やっていることが運動団体や新興宗教とまったく変わりません。

忘年会の幹事の大変さをねぎらうこともせず、店の飯がインスタントラーメンより不味くて食えたものじゃなかったと吐き捨て、プロ門下生はそんな残飯みたいなものをウマウマと食い散らかしている浅ましい奴らと言わんばかりに見下し、そんな不味い店をセッティングした幹事に反省を促す地獄。

よくもまあ、そんな所に参加したいなどと思えるものだと感心します。
参加者全員マゾなのでしょうか?

どんなに懸命に設営に従事したところで、ある日突然破門にされて、身に覚えのないデマを流されるかもしれないのに、健気な奴らですね。


さて、それでは私の妻についてのデマを流した生放送について、引き続き検証したいと思います。


イボナメクジは、イボ道場の門弟のなかで「いろんな男とヤッていた女がいた」と言い、どのようにしてそのことを知ったのかというと、「色んな情報が入ってきちゃう」と得意げな顔をしました。
「あの人ヤッたみたいです、この人と」とイボに耳打ちしたのは当時の設営隊長である苔ナビであることは元門弟である壇ミッツさんから教えていただきました。
いくら忘れっぽいイボりん先生でも、苔ナビから聞いた話をホテルにて壇ミッツさんにペラペラと話したことまでは忘れていませんよね。

相手の男の一人として名前が挙がっているのは夢見るモンゴルマン(仮名)ということにされていますが、彼も妻と同様に苔ナビを大変敬愛しておりましたのに、苔ナビはその気持ちをコケにし、裏でそのようなデマを吹聴していたわけです。

今、道場内でこのようなデマが共有されていることを夢見るモンゴルマンはまるで知らないのでしょう。
彼は呑気に今年の正月に私の妻へ年賀の挨拶を送ってきておりました。

さて、仮に妻が夢見るモンゴルマンと「淫らになさって」いたとして、それだけならば「いろんな男とヤッていた女」というのは当てはまりません。
「いろんな男」というのは当然、複数の男性ということです。
イボナメクジは「色んな情報が入ってきちゃう」と仰っていますから、苔ナビだけが情報源ではないのでしょう。

しかし、私の妻が門弟であった当時は今のように直接イボと会話を交わすことが出来る人はほとんどいませんでした。

苔ナビの他には、設営隊で苔ナビのサポート役をしていた橋田ピン子、イボが「特別に目をかけてやっていた」らいてうブランシェットさん、それと「ミニスカごちそうさま」メール案件の壇ミッツさん、あとはドロヘドロと結婚したドルガバいい肉ぐらいでしょうか。

その方々が苔ナビのように、私の妻が門弟男子を食いまくっていると報告したのでしょうか?
それだけ食いまくっているというのに、食われた男性陣はみな貝のように口を閉ざしているのですか?
不思議です。

イボは私の妻がイボ道場に参加している男性たちと肉体関係を持ち、風紀を乱していたというのに、その証拠となるものは一切示しておりません。
それもその筈、それは苔ナビのデマなのですから証拠などあるわけがありません。

イボナメクジは事実ではないことを知っていながらそのようなデマをネット番組で吹聴したのです。
そのデマを理由に私の妻を道場から追放したとイボははっきりと言いました。
その証拠は動画として残っております。

「その男がやっぱり自分の彼女が排除されたと思ってしまって。わしはむしろ防いでやったのよ」
「つまりそういうこと出来ないようにしてあげたんですよ。好意っ、その男に対して!」
「どんな優しさも通用しないの」
「分かってもらえない。もうわしだけがすべての罪を背負い込んでね」


イボは決して自分の為に行動することなく、常に誰かのため、常に公のために私心を捨てて生きているかのように自己演出します。
もし、本当に私のためを思って、ヤリマン妻が道場でヤリまくらない為に追放し、夫である私に悟られず穏便に済ませようと思っていたというのならば、何故に5年以上前の話を今更不特定多数の人が観ているネット番組で話したのでしょうか?

私が妻を追放されたことに逆恨みしてアンチ化したからだと反論するのでしょうか?
もしそうだとしたら、アンチ化した元愛読者がムカつくからという私心剥き出しの理由で反論の術を持たない一般女性を中傷したことになります。

私心剥き出しと言えば、イボは最近、やたらと伊藤詩織さんの件を持ち出しています。


上リンク先のブログに、《わしは特に自分のためではなく、不当に苦しめられている他人のため》と、ここでも得意の虚言を吐いています。
単に自分の裁判対策の為だけに伊藤詩織さんを利用しようとしているだけなのに何を白々しいことを述べてくれちゃっているのでしょうか。


伊藤詩織さんは今地道に活動をし、ご自身の言葉を世の中に浸透させてきています。
そこをイボは踏み荒すが如く、《伊藤詩織氏の言う「BlackBox」を破壊できるのは、わししかいないだろう。》などと息巻いているのです。

イボが破壊するのは伊藤詩織さんが積み上げてきている彼女の主張になるのは目に見えています。
彼の私心や彼の自己弁護のために、伊藤詩織さんを犠牲にして良いのでしょうか?
私は心の底から憤りを感じます。

5D85513B-1A44-4BD5-8EF4-F6253564EB48.jpg

この記事へのコメント

  • ねこふとし

    イボ道場の「戦う」に反応して動き出したイキリ系の言葉の軽い連中には、辟易するね!
    2019年12月16日 21:41
  • KP

    初めまして鷲ヲさん
    私はゴー宣ファンですがゴー宣道場は当初から嫌いでしたので内情を知ることのできるこのサイトは良く見ています。

    長年のファンの私から見るとゴー宣道場とは思うように本が売れなくなった小林よしのりの承認欲求をまだ沢山のファンがいると満たす場で、参加者は小林よしのりに承認されたい人たちなので参加者のマゾ気質は治りませんよ。

    しかし薬害エイズ問題から始まった小林よしのりの運動は最後は全て内部崩壊しているので道場もそろそろ終わりでしょう。

    小林よしのりはとにかく人望がないんです。
    漫画に書いたエピソードでも本人は自覚がないかもしれませんが人望がない事がよく分かります。
    小林よしのりは正しい事を言えば人はついてくると思っていますが人望が無い人には誰もついては行きません。

    小林よしのりは編集者とだけ付き合って正しさを本やテレビラジオで発表していればよかったんですよ。
    もうファンと接触して人望のない理由が分かってしまった現在ではもう遅いですが

    最後に鷲ヲさんの最も怒っている妻への暴言ですが長年のファンの私はなぜそのような事を言ったのかよく分かります笑

    「自分を慕ってきた可愛い子がワシの管轄内の道場で恋愛をし奪われた!男も許さないがワシを裏切った女も許さない!」

    って事ですよ。社長秘書部下と恋愛関係になるとどちらも許せずクビにしてしまうアレですよ。
    俯瞰で見ると人望のない小林よしのりは可愛そうな人なんです。
    2019年12月16日 16:52
  • 一般人

     プロ門下生、うーん門下生にプロが必要だとは全くの謎です。ゴー宣道場のブログを読んでますが、設営も含めてボランティアで参加してるのが門下生ですよね。遠方からわざわざ自費で参加して人数合わせに貢献していますよね。そんなことより「新体制発足会」の下記のブログにはぶっ飛んでしまった。ゴー宣道場の崩壊も近いですね。

    ゴー宣ネット道場 TOP
    12/15 なんとか分かりあえたかな?
    12/16 自分の苦労を訴えても人の心はつかめない
    12/16 昨日は帰宅して即席めんを食った
    12/16 新体制発足会


    2019年12月16日 15:03