0コメント

同意のない性的言動を弾圧する悪魔の詩

今のイボナメクジは「女尊男憐」なのだそうです。
ナメクジみたいな溶けた顔をして何を寝言をぬかしてやがるのでしょうか。
2F0E1CE4-1F2D-4A47-B59A-431E9AA6F524.jpg
A6763640-D2D0-4D10-A6FE-BAAED9DE7525.jpg

女性は尊いと口先では言いながら、道場に参加していた女性たちに対して「いろんな男とヤッていた女がいたんですよ」と根も葉もないデマで中傷したり、「お前は命令に従うタイプだ」と半ば洗脳するように言い包めて性的な奉仕をさせたりしていたのですから、その発言には何の説得力もありません。


むしろネトウヨは今後、ガンガン金慶珠をバッシングして構わん。居丈高な知ったかぶりのデマ女・金慶珠を今後は徹底的に標的にしていく。》

このブログ記事など見事な「女尊」ぶりです。


全てはカネ、財源の問題だから、どう財源を担保するのかを論じないのなら、女性議員の価値もなくなる。》
男性議員も馬鹿が多いから、女性議員はもっと頑張って欲しいのだが、男並みのレベルでは何だかなーと侘しくなる。》

女性議員は男性議員並みの仕事しか出来ないのならば価値はないとする見事な「女尊」ぶりには感服します。


私は職場で女性差別をされているという証言を、わしは真に受けるつもりはない。それは単に能力に対する評価なのではないかという疑惑が生じる》
個人的な怨念を「男社会が悪い」とか、「システム
が悪いから女性が活躍できない」とか、「私はシステムのせいで、まだ本気出してないだけ」と言う女を見ると、ぶん殴りたくなる衝動に駆られるが、まだ女を殴ったことはいっぺんもない。》

ブン殴りたい衝動を抑えてまだ殴ったことのないことを自慢するなんて「女尊」が過ぎます!


女性は強く生きてほしい。被害体験をわざわざ増幅して、弱者の呪詛で発言するような左翼イデオロギーには辟易する。》

女性はセクハラ被害を訴えることなく、それを笑顔でかわす技術を身につけて強く生きてほしいとするのが、イボが言う「女尊」なのですね!


《女が自立すれば、非モテの男はいじけて女性嫌悪になる》とはどういう認識ですか?
女性の自立とモテない男には何の因果関係があるのでしょうか?
まさか、イボナメクジは女性が社会進出した結果として女性に相手にされない男性が増えたのだと思っているのでしょうか?
自立していない女性はモテない男の受け皿になるとでも思っている言い草ですね。



エキノコックス師範が今日のブログに伊藤詩織さんの件について《『反アベ』の金切り声を上げることだけに吸い込まれていくと、このあたりにグリグリ食い込んでいけない》と書いていますが、イボが山口に訴えられたマンガの内容はモロ反安倍の為だけに伊藤詩織さんを利用しているものでした。

またエキノコックス師範は《たとえ男性にサービスする分野で生きる女性であっても、同意のない性行為など許されていいわけがない。》などと殊勝なことを書いていますが、彼女は以前、酒場での性的嫌がらせを禁じたら廃業してしまうと批判しておりましたよね。


同意があるならそりゃセクハラとは呼びません。
セクハラと呼ぶ以上は同意がないことが前提です。
その前提を踏まえた上でセクハラ批判をしているものに向かって、「酒場を潰す気か!」とエキノコックス師範は激怒してみせていたわけです。

ならば、本番強要する客を弾圧することは、「って、風俗潰す気か!」と批判すべきであり、《「個のない女性の存在を守るために、同意のない性的言動は、個々の関係性も、状況も、経験値もすべてひっくるめて、まとめて弾圧しましょう」というこという話になってるんだから。悪魔の詩だよ、これ。》なんですよね。

この記事へのコメント