0コメント

上から目線のモラ男

元幹部門下生の〆鯖子(仮名)の認識では、壇ミッツさん(葉月蓮さん@hazuki_len)に対してイボナメクジ代表師範がやらかした行為というのは恋愛のいざこざに過ぎないのだそうです。
さすがは元幹部門下生だけあり、〆鯖子は恋愛というものの奥深さに精通しているようです。
私には〆鯖子ほどの恋愛経験がないからなのか、イボナメクジが壇ミッツさんにやった事が恋愛と呼べるものだとはどうしても思えません。

確かに相手を思いやることをせず、一方的に性欲を満たそうとする奴なんざザラにいるとは思います。
しかしイボナメクジのそれは果たして性欲に該当するのでしょうか?
征服欲とか支配欲のような気がするのは私が〆鯖子ほど恋愛経験がない為なのかもしれません。
壇ミッツさんもまた私と同様に恋愛経験が乏しいのでしょう。
イボナメクジが避妊をせずに捩じ込もうとしてきた事に内心驚いていたのですからまだまだです。
しかし避妊しない相手に嫌な思いをさせない為に抵抗するとか拒絶するとかいうふざけた態度をとらなかった事は恋愛マスターの〆鯖子は褒めてくれるかもしれません。

壇ミッツさんは目黒駅で置き去りにされ、一人で自宅へ向かう帰路、おそらく何度もスマホの画面を見たのではないでしょうか。
イボナメクジから「今日はありがとう」とか「ごめんね」とか、内容は何でも良いですし、たった一言でも良いからメールが来るだろうと思っていたでしょうし、最低限それぐらいはしてくれるだろうと淡い期待を抱いていたと思います。
しかし以前にも申し上げましたように、イボナメクジはその夜は一切連絡をしてきませんでした。
さすがのモテ男しぐさです。

0ABCC7AB-0F8B-40B9-BA9B-6C2F79066535.jpg

当時はまだ門弟であり、イボナメクジのためになることはすべて公に資することだと思い込み、精神的に支配されきっていた壇ミッツさんは目黒駅で別れてから一切連絡してこないことにさぞかし不安を覚えたでしょう。
ホテルでの振る舞いが、イボの癇に障ったのかもしれないと思い悩み、イボが何事もなかったかのようにブログをUPしているのを確認してから、思い切って自分からショートメールを送ったところ、不貞腐れた感じの返事が来ました。

59E92F44-9535-4551-8666-9FFCC7D32873.jpg
3BD952E3-04FF-4B1C-BF12-0EA0EAA42364.jpg

壇ミッツさんが無事帰宅したのかなど一切気遣う様子もなく、ただただ自分の下半身の心配しかしないモテ男っぷりには頭が下がります。
しかも「元気なかったじゃん」という言葉にはまるで勃たなかったのは相手が悪かったからだと言いたげな風情があり、そこもまたモテ男らしさが出ていてステキです。
事実、壇ミッツさんへの口説き文句のなかで、幼児体型の女が相手だったから勃起しなかったと責任転嫁していた実績もあるのですから、自分の男を回復させなかった壇ミッツさんを責めたい気持ちがあったのでしょう。その後、いくら壇ミッツさんからメールを入れても冷たくあしらうのでした。

128D461F-E10C-40F1-95F2-049AC034C1CC.jpg
CFEE9BC1-31DD-4703-8DDF-4FBBC37BA972.jpg
7C6FF93A-CFB8-4BC9-BD58-F079D9A3D739.jpg

壇ミッツさんもこんなつまらない男に気を遣い、過剰に持ち上げていたことを後悔しているようです。どんなに持ち上げても、謙虚になることなく、ただひたすらつけあがり、上から目線で支配して来ようとするのです。
ホテルでの事があってからイボの反応が悪くなり、連絡が途切れ途切れになっていましたが、道場に参加した壇ミッツさんの姿を見て、またぞろ興味がわいたのか、自分からメールを寄越してくることがなくなっていたのに、前のめりになって「ナイスファッション」なるパワーワードを炸裂させるのでした。

そうしてFLASH誌上にて壇ミッツさんとのことをマンガに描いたのですが、その内容が驚くほどイボナメクジに都合が良いように事実が改竄されているのでした。
4AC6D724-0B47-45A2-A443-C89DC0D63180.jpg

この記事へのコメント