0コメント

山尾志桜里の資質が問われる

遥か昔から日本は海外と交易をしており、そして度々疫病が蔓延していたわけですが、イボナメクジは此度の新型コロナウイルスの流行をグローバリズム批判に繋げ、保護主義を唱えています。
10EC0D88-5C79-43FF-B289-50D00DF16052.jpg

どんなに国境の壁を高くしたところで、海外と関わりがある限りウイルスは侵入してくるでしょうし、日本発のウイルスだって出てくるのではないかと疑問に思うのですが、イボ道場では疑問も反論も批判も一切許されていないようで、それらの意見は完全に封殺されているようです。
グローバリズム批判は結構ですが、穴だらけの理屈を述べても何の説得力もありません。

さて本日正午が、ずっブロさんがイボナメクジへの要望への回答を求めた締め切りであるのですが、イボサイドはダンマリを決め込んでいます。

おそらくこのまま何の回答もないままで済ますつもりなのでしょうが、一応ずっブロさんのお願い事を再掲しておきましょう。

今回の私の拡散パンデミックのターゲットは衆議院です。
イボナメクジに取り込まれた山尾議員が改憲論議で動きを見せ、山尾議員の周りに多くの議員が集まり始めていますからね。
そんな中からまたぞろイボナメクジに取り込まれる議員が現れたらそれこそ日本の危機ですからね。緊急放送でも今後も道場を開催し、政治家を呼ぶつもりのようでした。
可能な限りの衆議院議員及び山本太郎氏にメールを送らせていただきました。
以下送付した文面です。

突然のメールを失礼いたします。
先生は戦争論やゴーマニズム宣言で知られる小林よしのり氏をご存知でしょうか。小林よしのり氏の言説に影響を受けられたこともおありかもしれません。
現在小林よしのり氏は「ゴー宣道場」という政治を議論する場を主催しています。
しかし、小林よしのり氏とそのゴー宣道場の実態を道場に参加し道場で悪質な仕打ちを受けた方々が告発のブログ等をあげています。


ブログでは道場側を少々品のないあだ名で呼んでいますが、それは実名で告発した際、道場側から妨害削除されたため継続するための知恵であり、注意喚起を続けるためです。
彼らは道場側から脅迫を受けながら懸命の告発を続けております。
脅迫の証拠もコメント欄に残っており、その文章はおよそ日本で唯一の議論の場を称するところから発せられるものとは思えぬ口汚さと非論理性です。


また小林氏や道場の支持者達はこのような差別的な投稿を繰り返す者たちです。


このような場所から出てくる主張が正しいかどうかは、取り入れる際ぜひ先生ご自身で判断してから政策に取り入れてくださいますようお願い申し上げます。
ゴー宣道場はカルト化した場所であり、政治家が関わるべき場所ではないと考えます。もし声をかけられても参加を見合わせる方向に考えられることをおすすめいたします。
ゴー宣道場はただいま拡大、政治家への接触を計画しており、私のこの訴えは十分に公益性のあることと思っております。
小林よしのり氏の裏の顔がこのように悪質であることを政治家の方々に知らせ注意を喚起したいという思い一つです。
ましてやブログ等のお2人は真実、小林よしのり氏側にデマを流され名誉毀損された方々であります。他にも犠牲者が多数おります。
ぜひお読みいただき実態を知っていただきますようお願い申し上げます。

悪業をまとめたブログにいっぱい脅迫コメント書いてくれてありがとさんです。
差別投稿ブログも素敵だったので貼らせていただきました。
今回もまだ山尾議員には言ってませんが、それは情けをかけたわけじゃありません。残しておいたのです。
勘ぐられちゃ困りますので言っておきますが、鷲尾さんと私は全く相談はしていません。
最初に謝罪の要不要を尋ねた以外、要望も聞いたことはありません。
顔も名前もお互い知りません。個々が自分の考えで好きに行動しているだけです。
真の個の連帯による戦いを見せてやんよ! です。
私はまずイボナメクジが政治に口を出すことを問題にしているのです。本丸は政治。ターゲットは政治家。そこにピンポイントにパンデミックが起こればよいのです。
私は本気です。
私の背負っているのは公です。息するように嘘を吐くあなた達が同じく息するように口にする私心まみれの公とは違うのです。
あなた達のような汚い卑劣漢共に、日本を好きにさせてたまるかよってんです。
次回は山尾志桜里議員です。
山尾議員に「私ではありません。もう手が震えています」とまで言っているエビチリさんを言葉のリンチにかけて追放した証拠やあなた達の人を嘲笑う嫌らしいメーリス文章とともに文書を送ります。
次の期限は4月10日(金)の正午にさせていただきます。
以下の要求と鷲尾さんの「やってきた悪業をきちんと話してほしい」という要求をのむか否か決定して、鷲尾さんのブログに投稿してください。

1.ゴー宣道場は今後一切の開催を行わないこと
2.門下生組織の完全なる解体
3.メーリングリストの終了、解散
4.鷲ヲさん、葉月さんを始め、元門弟門下生へのすべての嫌がらせ行為をやめること
5.内部告発者の詮索を一切しないこと
6.ネット内での工作活動をやめること
7.現在までのすべての門弟門下生道場参加者の個人情報の悪用、流出をやめること
8.現在までのすべての門弟門下生道場参加者の個人情報を使用したデマ吹聴等の一切の嫌がらせ行為をしないこと
9.その他これまでやってきたすべての悪行をやめること

妥協、交渉は一切いたしません。期限までに投稿がない場合及び返事が否であった場合、私は即座に次の行動に移ります。
上記の要求をすべて無条件でのむか、山尾議員への拡散か、お好きな方をお選び下さい。
緊急事態宣言も出たことですし、私なら不自然なく道場をやめるのは今だと判断します。
門下生、内部告発者の方々、このブログのウォッチャーの皆様。
もしいつもの工作活動、嫌がらせ行為、及び何か不穏な動きがあった場合、即座に鷲尾さんに連絡をしてください。
もちろん次の行動に移らせていただきます。
それではイボナメクジ先生、お返事をお待ちしております。

ずっブロさんは本気の人でありますので、回答なき場合は即座に実行に移すのでしょうが、私は山尾議員にはまったく期待もしていません。
期待していないどころか、信用ならない議員の一人であると思っています。
おそらく、ずっブロさんからの告発を受けても知らん顔をするでしょう。
そしてその態度に抗議しても「は? あなたがソースにしてるのは匿名ブログでしょ? そんなの何の信憑性もないですよ」と歯牙にも掛けないことでしょう。

そう、それは「保育園落ちた日本死ね」ブログを国会で取り上げた山尾議員に対して安倍首相がとった態度とまったく同じです。
山尾議員にとってはあの時の安倍首相の気持ちを理解出来る良い機会ですね。

ずっブロさんからの告発を無視するということはそういうことです。
今回の件で山尾議員の本性を見抜くことが出来そうです。
人には匿名ブログを突きつけて批判しておいて、自分が同じことをされたら見ないふりをして逃げ出すようでは卑怯という批判を免れません。

ちなみに、イボナメクジにおかれましては昼前ギリギリにこちらに反応してきても私は対応出来ないですから悪しからず。
回答するならば朝の早い内にしてください。
では、よろしく。


この記事へのコメント