2コメント

コロナに関する天皇陛下のご発言

門下生有志が総力を結集して作成した、愛子皇太子殿下誕生に向けた願いを込めたサイトです!

10年間続けているイボ道場の集大成ともいえるサイトが開設されたので、その驚くべき中身について紹介して宣伝に協力したいと思うのですが、その前にイボ道場のコロナ対策について気になる点を指摘してみたいと思います。

玉川徹は今日も「命を守る」とか繰り返していましたが、テレビ朝日のお気楽サラリーマンである玉川には、経済を回すことも「命を守る」ことであることなど、まったく想像がつかないのでしょう。

イボ道場ではテレ朝のワイドショーを目の敵にし、まるでコロナ禍を玉川徹が生み出したものであるかのように呪いの言葉を発し続けています。
私は経済を回すべく平日は朝早くに出勤しているため、朝の情報番組である『羽鳥慎一モーニングショー』を呑気に観ているヒマはないので、玉川徹なる人物がどんなことを言っているのか知りませんが、たかがワイドショーの放言を真に受ける奴が問題であり、センセーショナルで猥雑に騒ぎ立てるのがワイドショーの役割であると思っていますので、その見世物小屋のショーマンシップの番組にいちいち目くじらを立てているイボ道場は昨今増えている自粛警察と大差ないのではないかと思います。

恐怖は必ず差別に繋がる。これは当たり前の事である。

恐怖は必ずしも差別に繋がるわけではなく、もともと抱いていた差別心が恐怖によって露わになるという話であり、危険なものを恐れるのは悪いことではないでしょう。
確かにイボナメクジのような根っからの差別者ならば恐怖心によって剥き出しの差別を撒き散らし、それを正当化します。

銀座に出ていく用事があるが、銀座は中国人で溢れかえっているから怖い。

イボナメクジは未知のもの、理解できないものへの恐怖を搔き消すためにその対象を蔑視し、それによって安心を得ようとします。
中国人や、その他外国人に対しても過剰に恐れ、差別的な言動をとるのもその為です。
それは外国人だけではなく、女性に対しても同じです。
イボナメクジの育ってきた環境がパターナリズムとホモソーシャルの色濃い土壌であったことを思えば、イボのミソジニーは当然の帰結なのでしょう。

324327AE-4ACA-4865-B831-F6DD146340C7.jpg
EBC0F074-8FA1-4945-BCCD-A2B24FB33F8D.jpg
EC264EDE-1B86-41F6-915A-7CABD13DB84E.jpg
民族差別しろ、性差別にしろ、イボナメクジは勝手に他人を品定めして、自分の理解出来ないものを憎悪し、蔑視するのです。

7ABB96B5-942F-451D-AE99-A4683F4CD6D0.jpg
イボのミソジニーについてはこれまでもブログで指摘してきましたが、イボ道場で「女性の地位向上」を掲げ続けるつもりならば、しつこく取り上げていきたいと思います。

コロナ根絶のためなら、資本主義を破壊していいという極左思想があの番組の核をなしている。まったく恐ろしい番組だ。

玉川徹がどのような主張をしているのか知りませんが、スポンサーに支えられているテレビ番組が資本主義を否定するわけがないので、イボ得意の誰も言ってもいないことを歪曲して攻撃しているのでしょう。
ところで、イボナメクジは尊皇派を自称していますが、今上陛下がコロナ禍について何と仰っているか知らないのでしょうか。
門下生によるサイトには宮内庁のリンクを貼っているのですが、門下生の誰一人としてお言葉を確認することもしていないのでしょう。

この度の感染症の拡大は人類にとって大きな試練であり、我が国でも数多くの命が危険にさらされたり、多くの人々が様々な困難に直面したりしていることを深く案じています。今後、私たち皆がなお一層心を一つにして力を合わせながらこの感染症を抑え込み、現在の難しい状況を乗り越えていくことを心から願っています。

陛下は「感染症を抑え込み」「乗り越えていくことを心から願っています」と仰られているわけですが、イボナメクジはそれとは正反対の主張をしているわけで、つまり逆賊であるわけです。
逆賊イボナメクジに問いたいのですが、道場で祭り上げている山尾議員のコロナ対策について何故に一言もないのでしょうか?
玉川徹などというタレント会社員などよりも今上陛下や政治家である山尾議員について言及すべきでしょう。

面白いのは、季節性インフルエンザの年間1万人の死亡者数に、コロナの死亡者数は届かないという事実が間もなく明らかになるだろうことだ。

イボナメクジはインフルエンザやら交通事故やら喫煙やらさまざまなものと比較して死者数が少ないといってはしゃいでいますが、そもそもそんなことは楽しそうに語るものではないでしょう。
「笑えるのは」だの「面白いのは」だのと、人の死をなんだと思っているのでしょうか。

これは以前にも書きましたが、イボナメクジが今言っている「自粛よりも経済を回せ」というのは福島の原発事故のあとの原発推進派と同じ言い分です。

ならば問いますが、原発事故の被曝による死者数と交通事故の年間死者数を比べてどちらが多いのですか?
喫煙に関連する病気で亡くなった人は年間で12~13万人だそうですが、放射能汚染に関連する病気で亡くなった人は年間何人いましたか?

放射能被害は地域が限定されているものであり、今回は感染範囲が全世界なのですが、「何が起こるかわからないのだから、国は万全の検査体制を整えるべきだ」とは思わない理由はたかが風邪に過ぎないからでしょうか?

イボナメクジは藤井聡氏に接近しているようですが、藤井聡氏は原発事故の時と今回でスタンスをまったく変えていません。


経済のために原発再稼働を主張することと今回の自粛を解除して経済を回すとの主張には矛盾がありません。

「原発再稼働」の目的のためにわざと恐怖を煽っている詐欺師です。

ドロヘドロは藤井聡氏のことを「本気の馬鹿」で「原発ムラの麻原彰晃」と呼んでいたわけですが、そんな尊師と代表師範は対談して意気投合したわけですか。


この記事へのコメント

  • 世の中の人の大半は、イボやエキノのように毎日テレビにかじりついてモーニングショーを視聴して、岡田晴恵と玉川徹の発言をねじ曲げるブログを書くほど暇ではありませんからね。
    他の日まで確認はできないが、30日のモーニングショーで玉川徹も岡田晴恵も、PCR検査よりも簡易で短時間で結果が出る抗体検査を紹介して、経済活動を再開するために何を準備すべきかという話をしてますよ〜
    https://youtu.be/-6eSL-mHgNc
    (47:59〜)

    誰が「資本主義を否定する極左」だって?
    その日の午後に「PCR検査を増やしてキットが枯渇したらどうする?」とかいうイチャモンブログをアップしているエキノの悪質さも凄まじいですね。
    抗体検査の話の箇所を見ていただろうにそこを隠して、玉川と岡田が何がなんでもPCR検査だ!と主張しているかのように書くんだから、イボ専属のホステスとしての姿勢が徹底しています。

    ああ、それから山尾志桜里さんね。
    あの人のコロナに関する考えはこちらに分かりやすく紹介されています。https://dot.asahi.com/amp/wa/2020040800081.html

    要するに、現状では軽症者の待機は要請しかできず強制力がない。これを指示や命令ができるよう法整備すべきだと…なんということでしょう。「軽症者の隔離は人権侵害だ!管理社会だ!」と仰る尊師からしたら、「強制的に隔離する」なんてとんでもないですよね。ナチスの亡霊か!というレベルです。

    検査をすることなしに「この人は新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者だ」と確認はできないから、当然山尾志桜里も「軽症者も検査すべき」という考えです。

    イボ理論に従えば、「検査して強制的に隔離すべし」と唱える山尾志桜里こそ、イボ道場が最も警戒すべき政治家のはずです。
    2020年05月01日 23:57
  • イボに告ぐ!尾田栄一郎先生の背中から学べ!!

    毎朝ワイドショー見て、ブログに感想上げて…本当に仕事ないんですね。

    炎上するような過激なワードを使っても、ボヤすら起きない
    言論人としても、漫画家としても終わってます。

    尾田栄一郎先生のアシスタントに行き、本来あるべき漫画家の姿を、尾田先生の背中から学んで欲しいです。
    2020年05月01日 22:57