1コメント

マスクなしという表現活動

イボ道場にとっては、たかがマスク一枚に右往左往するのが公論であるそうです。

自粛警察は、脳の柔軟さが全くないから、「マスクは掟!マスクは掟!掟を破るな!」の一辺倒で店に抗議を繰り返す。
どうせ常識から外れた発狂ルールなのだから、どんどん変化していくだろう。その全てを後世に残していくのが『ゴー宣』である。

実はわしは「私(プライベート)」な場面では、マスクをする時がある。
コロナ以前ならやらなくてよかったのだが、コロナ渦中ではマナーとして、そのくらいのことはしてやる。

同じ日に書かれたブログを並べてみるとよく分かりますが、イボナメクジはその場しのぎで言うことをコロコロ変える爺さんであり、言葉に対する責任感などまるでありません。
まさに珍コロ爺さんです。

一方で「常識から外れた発狂ルール」と言いながら、その発狂ルールに対してマナーとして従うとは、どういう理屈なのでしょうか?
世の中の大半の人はイボのような回りくどい言い訳などせずにマナーとしてマスクをしているわけであり、そのマナーを散々小馬鹿にしていたのがイボ道場であったのですが、その小馬鹿にする態度がいけないと今更気がついたのでしょうか?

たかがマスクの着用ぐらいのことで、コロコロと珍論を変える珍コロぶりは滑稽以外のなにものでもありません。

「ゴー宣道場」のような「公(パブリック)」な場面では、わしの新コロに対する主張からいって、マスクをして出るわけにはいかない。言ってることとやってることが違うと、揶揄する馬鹿が必ず出てくる。「公的な場所でマスクをしない」というのは、もはやわしの「表現活動」になっており、わしの意見の説得力に関係あるので、わしは「言論・表現の自由」を行使する国民として、「マスクをしない」というパフォーマンスを実行しなければならない。
師範たちや門下生たちが、わしに付き合って、マスクを外す必要はない。不安な人はつけておけばいい。

これについて的確なツッコミが届いています。
集団免疫を主張していたのに、あらまー。イボりん、エキノ両師範の自粛は不要を信じ、飲み屋を走り回ったファースト・ラビットを檻に閉じ込めるという、アクロバティックなアップデートはさすがです。
マスクを着用しないのが表現活動ですか…、茶髪を禁止された高校生が、茶髪にするみたいで可愛いですね。(XYZさん)
まさに、コレですね。
たかがマスク一枚で、何をイキリ倒しているのでしょうか。
布切れで口を覆うことなど小さな問題で、自らの思想信条にかけて、人事労務会館でクラスターを発生させ、集団感染で集団免疫をつけることを実践してこその公論でしょう。
それをせずに感染予防の対策に従う時点で、自らのトンチキな珍コロ主張を取り下げるのが筋であります。
それが言論に責任を持つということであり、それを指摘することは揶揄でも何でもありません。

繰り返しますが、感染予防のマナーに従うということは自身の主張に正当性がないと認めているわけであり、面従腹背などと嘯くのは言論への背信行為以外のなにものでもありません。
それは筋論であり、原理主義には当たりません。

珍論をコロコロ変える珍コロ的な見苦しい言い訳をするぐらいなら、ハナから公論などと大見得を切らなければ良かったのです。
世の中の風潮に合わせてマナーに従う珍コロ集団、それがイボ道場であると素直に認めてしまえば楽になれますよ。


来週の道場は、コロナ脳とコロナ空気で烏合と化して右往左往している日本国民に向けての開戦の狼煙、ニイタカヤマノボレになるんじゃないかと勝手に思っています。
今回の戦いは、ゴー宣道場という場があるという点が違います。必ず勝ちます。トラ・トラ・トラを唱えましょう!

今あるコロナ対策を自己主張の場として論争の道具にすること自体がズレたことです。
いかに事態を収束させるかを考えるべきであり、そこに勝ち負けなど介在しません。
そもそもイボ道場にとって、どのような状態を勝ちとしているのでしょうか?
集団感染で大量に高齢者や基礎疾患のある方々の被害者を出した上で免疫を獲得する方針に政府が舵を切ることになったら勝ちなの?
それとも今の状態で夏が来て何となく一旦収束して、経済的に落ち込んでいる状態を見て、そら見たことかと高みから嘲笑することが勝ちなの?
そんなものが勝ちならば、後出しで幾らでも勝ち名乗りが出来るでしょう。
そもそも「トラ・トラ・トラ」を唱えている時点で負け確定だと思うのですが、ドロヘドロは歴史を知らないのでしょうか?
それとも真珠湾攻撃という一部だけを切り取って近視眼的に、あの時は連戦連勝だったと勇ましくナショナル勃起をしているのでしょうか。
いずれにせよ、あまりに幼稚な歴史観に唖然とします。

C355B3D3-6B14-44F3-ADEC-681F9BE37BAD.jpg
イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com


FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

https://twitter.com/washiotomokiti

この記事へのコメント

  • お前らはせんそーろんで何を描いたんだ、ニイタカヤマノボレとトラトラトラじゃ最後は負けるじゃねーか!バカじゃねぇのかコイツら。
    2020年06月14日 19:38