4コメント

脱マスク論は表現か?

イボナメクジが朝から滑稽なブログをあげています。
前回の道場からもう3週間も経っているというのに未だに会場使用拒否のことを根に持って、人事労務会館への恨み節を述べています。

労務会館も「マスク警察」に屈し、マスクなしの開催を拒否した。
わしは「会場側の希望通り、赤字になっても参加人数を減らし、会場の中が密にならないように着席し、消毒スプレーも用意して、感染対策は万全にする。」
「ただ、わしは、新コロは日本においてはインフルエンザより、はるかに感染力が低い、今の日本での過剰反応はインフォデミックだという主張をしているので、マスクをしてこの主張をしても説得力がない。」
「マスクをするかしないかは、わしの言論・表現の自由に関わるので、マスクだけは見逃がしてくれ。」
・・・と会場側に頼んだのだが、それでも「マスクをしてくれ」の
一点張りだった。

果たして実際に人事労務会館側にこのような訴えをしたのかはこれまでのイボの虚言癖を考えれば怪しいものですが、仮に実際に電話口からこのような主張をされたとしたら人事労務会館側も厄介なクレーマーに絡まれたとウンザリしたことでしょう。

このツッコミどころ満載の文章を読んで分かるのはイボナメクジには社会性というものがまったく備わっていないことです。
それを指摘されても「わしは王様は裸だという童心を忘れないのだ。これでいいのだ」と言うのでしょうが、そんなクレーマー爺さんなんぞそこいらじゅうにウヨウヨいて、別に珍しくもないし、特別な才能なんてものでもありません。

そもそもイボ道場は商業イベントではなく、公論を喚起する為の社会運動を謳っているのですから赤字であるのが当たり前でしょうし、これまでも黒字になったことなどないでしょう。
わざわざそれを人事労務会館側に訴えたところで、会議室を貸している側にとっちゃ知ったこっちゃないでしょう。
要するに料金を踏み倒す為にゴネているだけです。
マスクをするのは感染症を予防する為だけの意味しかなく、それをするしないは「表現」なんてものではありません。
露出狂が駅前で陰茎を丸出しにしてシゴいていることを咎められ「これはわしの表現の自由に関わることだ。見逃してくれ」など言ってもマトモな人は誰も聞いてはくれないでしょう。

人事労務会館のスタッフがマナーを守って下さいとお願いしているのに、「マスクをしないのはわしの表現」などと怒鳴られてもただただ困惑するだけでしょう。

いくら会場のガイダンスだと言っても、それは「法律」ではない。「法律」でない以上、融通を利かせられるはずだ。

確かにマナーや道徳は法律ではなく不文律でしょうが、感染予防のマナーを守れない奴らはいわゆる「公共心」がない奴らでしかありません。
自分たちの理屈で大したことではないなど言ってマナーを無視するのは台風の日に波乗りをする奴や嵐になると予報が出ているのに川の中州に渡りバーベキューをやるような奴らと同類です。
それで何事もなく過ごして得意げになっていても世間からは軽蔑されるだけです。

人は万が一を考えて、天気が悪い日は川の中州には近寄らないようにしますし、波乗りも我慢します。
それが公共心というものなのですが、イボ道場の連中はそれが欠落しているのです。
法律違反じゃないなら何をやっても許されると考えているようなクズに「公論」を語る資格はないでしょう。
イボのイボによるイボの為のイボ論を展開したいのならば、それは自由ですが、今後一切「公論」などと口にしないでいただきたい。

しかしこれまで長らく会場を提供していた人事労務会館に対し、たかがマスク一枚するかしないかぐらいで、ここまで憎しみを発露するのですからドン引きしますね。
人事労務会館も厄介な奴らに関わってしまったと後悔していることでしょう。
このようなことがあるから道場と関わりを持っちゃいけないのです。
一度関わったら最後、賛美と追従しか許されず、少しでもイボの機嫌を損なったらこのような仕打ちを受けるのです。

「公」のために必要な表現ならば、貫くしかない!

たかがマスクに御大層なことを仰っていますが、それならば次の道場の開催場所を隠して、コソコソとマスクを外そうとするのではなく、堂々と濃厚接触イベントでも開いて集団感染するぐらいの気概を見せて欲しいものです。
表現などと言うのならば、それぐらいのことはすべきでしょう。


E02CE85B-D4E4-4581-A5F5-9D0DB6FFF3B7.jpg
批判や反論、道場についての情報提供は本ブログコメント欄以外では以下からも受け付けていますので遠慮せずにご利用ください。

イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com


FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

https://twitter.com/washiotomokiti



この記事へのコメント

  • もそもそと苦言を呈しておく

    こういうのはコロナやマスクに関して個々いろいろ考え方があっても、どうしても施設管理権者(=人事労務会館)の意向が強くなる。

    今の状況では、コロナがそもそもハイリスクな感染症なのかは別(個人的には高齢者や基礎疾患持ち以外、コロナはそんなにハイリスクでないと見ている)として、コロナ発生時の「風評被害がハイリスク」となるのは確実なので、施設管理権者の立場としてマスク着用を求めるのはやむを得ない面がある。マスク非着用で道場やるならば、極論を言うと自分で貸会議室を持つしかない。

    参考として、以下リンク先の記事3ページ目にある沖縄のゲストハウスオーナー氏が「この小さな村で、宿から感染者を出してはいけない」というコメントをしている。
    「自分が運営している施設からコロナを出したくない」というのが、貸会議室や宿など施設運営者の大部分で今は共通認識になっていると思う。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fce545cfc1fb2e4aa9271392eed56a7f14950378

    自分なんかでも飛行機に乗る時は最近マスクしている。航空会社がマスク着用を求めているから。でも離島に行くと空港以外はマスク非着用の人が今でも結構目立つ(コロナ未発生の離島は特に)。

    落としどころは無観客+生配信時師範マスクなしor人数制限+師範以外マスク+生配信時師範マスクなしだっただろう。それくらいは人事労務会館サイドに正面から交渉できたかもしれない。

    明らかに道場運営の詰めが甘い。
    今後安定して会場を確保できるかどうか問題が出てくる。
    2020年07月08日 07:27
  • XYZ

    会場使用料は、借りる人数ではなく時間定額です。
    赤字になる、ならないはイボ道場の都合な訳で、人事労務会館には全く関係のない話です。

    マスクをしないのが表現活動だと主張するイボスタイル。
    人事労務会館はクラスターを懸念して、マスクの着用を求めているにも関わらず、クラスターが発生した時の、会場側が被る被害を全く考えてません。

    この男は自分さえ良ければいい人間の典型です。
    2020年06月29日 23:44
  • 法律じゃないから必ずしも守る必要がある訳ではないという論をかましたら自身の今までの言論の多くを否定しなきゃならん気がするんだがなぁ??
    2020年06月29日 23:21
  • フリッツ・ワルター

    震災以来、長らく使用してきた人事労務会館。
    道場側は会場の見取りも配電も知り尽くしていたでしょうし、先方の担当者も安心して貸出していたでしょう。
    その信頼関係を、たかがマスク1枚で切ってしまうなんて、人の縁を軽視しすぎです。

    人脈は歳を重ねる毎に広がってゆくものですが、小林の場合は些細な行き違いでいとも簡単に断ち切ってしまう。左から右へ、そしてまた左へ。その度に小林は、かつての盟友を口汚く罵ってきました。

    それをワシカッコイイに繋げるのが小林ですが、社会人の私から見れば駄々っ子が力んでるようにしか見えません。
    さて、次はどこで開催するのでしょう。設営隊長も、さぞかし頭が痛いことでしょう。
    2020年06月29日 18:54