1コメント

児玉龍彦と玉川徹とイボナメクジ

イボナメクジは息をするようにデマを吐くことはみなさんもうご存知のことと思います。
どうせインチキ野郎であることは明白であるのだからもう放っておけば良いと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、やはりデマを放置して良いわけがありません。

だから欧米では、感染者が犯罪者あつかいされないし、バッシングされないし、感染者が謝罪したりしない。日本人は感染者を「悪」「犯罪者」にする穢れの思想が残っているから、玉川のように「隔離・隔離」とこだわるのだろう。

新型コロナが流行り始めた当初、欧米ではコロナに感染していないのにアジア人というだけでバイ菌扱いされるという差別が起きていた筈です。
イボナメクジはその事実をなかったことにして、感染症のよって起きる差別は穢れ思想に起因している日本特有の事象だとデマを流しています。
イボナメクジはこのようにデタラメなデマを平然と流すクセに他人の単なる勘違いによる発言をデマだとあげつらい指弾するのですからタチが悪いのです。

羽鳥コロナショーで予言された「第二波到来」「2週間後に重症者で病院が大混乱」さらに国会で、児玉鼻だしマスク教授が予言した、「2週間後にはミラノ・ニューヨークになる」の真偽が判明するのは、来週アタマだ。
週刊エコノミスト「闘論席」の締め切りだが、発売が8月3日、2週間後だから、わしも2週間後を予測して書くしかない。
漫画の場合は1か月後を予測してコンテを描くが、文章の場合は2週間後を予測して書く。2週間後や1か月後の予測なんて、100%当てるのは無理なはずだが、雑誌発売日の状況を慎重に予測して、思い切って書くしかない。

テレ朝のワイドショーや児玉教授の発言を「予言」と呼びながら、自分の意見は「予測」と言い始めたのはどういうことでしょうか?


「玉川や児玉の予言が外れた時はボロクソに叩いてやるが、自分の予測は外れても仕方がない」と言いたいらしいですが、このあたりの小賢しい卑劣さはいかにもイボナメクジらしいですね。
かつてならばマンガは完成までに時間がかかるから数週間先を予測して描かねばならないという言い訳が通用しましたが、今は毎日のようにブログを書いて意見を発信しているのですから、マンガ発表の時差など関係ないでしょう。
更にネットで生配信をしているのに、何を逃げを打っているのでしょうか。


さて、デマといえば、先日ドロヘドロが香山リカに対してデマを拡散していると批判していて、その批判の愚劣さについて私が当ブログにて指摘したところ、道場の鉄砲玉からコメントが届きました。

Twitterで糞リプが飛んでくる事と実社会での言論活動をごっちゃにして頭大丈夫ですか?(シュトック380さん)

次回はこのコメントについて言及することでイボ道場とイボシンパについて語っていこうと思います。

138C952D-FFD0-4200-AD5E-0F59F6B9424E.jpg

このブログについての批判や反論、道場についての情報提供は本ブログコメント欄以外でも受け付けていますので遠慮せずにご利用ください。


イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com


FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

https://twitter.com/washiotomokiti

この記事へのコメント

  • ずっとゴー宣道場ブログ読んでました

    『予言と予測の区別のつかないイボ』と書かれたから「わしのが科学的で予測なんじゃい!岡田や玉川や児玉がインチキ占い師なんじゃい」と絶叫してるんですね。
    やっぱりこのブログを読んで気にしてるのがよく分かりますね。
    強弁したいでしょうが、先日のおどれら正気か?は『科学』を装うことすら諦めたのかと思うシロモノでした。
    また報告しますね〜。
    2020年07月21日 19:12