0コメント

推測と断定と小林よしのりマン

マヌケな鉄砲玉の艶絹が必死に自分がデマを流したことを正当化しています。

89E5BEBA-878F-4482-85BF-7C50A4B6824B.jpg

艶絹は次のようなデマを流しました。

道場側とひと悶着あった末アンチになって
自分がかつてガッチリ信じたはずのものに「裏切られたー」なんつって

このように断定する以上はその事実の真偽を問われた時には証拠を提示して説明すべきでしょう。
それが出来ないのであれば、それはデマであり、撤回を求められて当然です。
どうやら艶絹は「推測」と「断定」の区別がつかないマヌケであるようです。

エビデンスを示しながら「コイツはこういうやつだ!」と断定的に書いても、エビちゃんを出しているのですからデマには当たりません。
勿論、そのエビちゃんが正しいものであるという前提ですが。

更に「コイツはこういう奴なのではないだろうか」と推論することはデマにはなりません。
それはあくまで発言者が自身の認識を示しているだけであるのですから。
但し、だからといってその発言に責任を取らなくて良いという話ではありませんので悪しからず。

艶絹のツイートは断定していながら何の証拠も示していないのですからデマ確定です。(断言!)
そして、デマを流布しておきながら、説明や撤回を求められても論点ずらしに終始して逃げ回っているのですから卑劣と言われても仕方がないでしょう。

「推測」と「断定」の区別もつかないマヌケがデマを流してシラを切ろうとしているのですからクズ確定です。


さて、艶絹のことばかり書いていても仕方がありませんので、アメブロの過去記事でも再録しておきましょう。

----------
インポテンツでお馴染みのイボナメクジが私の妻を誹謗中傷した動画が削除もされずに配信されたままになっています。

その配信内容につきましてはこれまで何度も繰り返し訴えてきました。
イボナメクジ代表師範が唐突にイボ道場の内部にはかつていろんな男と関係を持つ尻軽女がいたと言い出し、それを聞いたエキノコックス師範が白々しく驚いた顔を作り、興味津々といった感じで詳細を知りたいと言って下卑たケタケタ笑いをあげ、そのエキノコックスの反応に大袈裟に慌てふためく演技をするイボナメクジと、それに併せてイボナメクジの秘書である式波バタ子が下品に追従笑いをする地獄絵図が展開されていたのであります。

イボナメクジはそんな女がいると道場の風紀が乱れるなどという理由で、その尻軽を破門にして追放したと言いました。
男尊女卑が脳髄にまで達しているイボナメクジは尻軽と関係を持ったとされる男達からは証言を取ることもしなければ処分を下すこともありません。
みだりに淫らな女さえ排除しちまえば、それで万事解決となると判断したのです。

ところが、その尻軽には交際している男がいて、その男が彼女を排除したイボナメクジに対して逆恨みをしたというのです。
心優しきイボナメクジにしてみれば、その男を思い遣って彼の恋人がこれ以上、他の男と関係を持たないように排除して差し上げたというのに、その男の方が自分のアンチと化してしまうとは何たる皮肉なのだろうかと嘆いてみせました。

そのような話をしている最中、イボナメクジと聞き手のエキノコックスはニヤニヤと嫌らしく笑い、式波バタ子とイボナメクジの側近であるドロヘドロの下卑た笑い声も響いていました。
何度も繰り返しますが、イボナメクジが語った話は一から十まで嘘しかありません。
私はわざわざそれが虚偽である裏付け調査までしましたので間違いありません。

この生放送の裏付け調査をしていましたら、さまざまな事実を知ることが出来ました。
何事もエビデンスを獲得することが重要です。
しかし逆を言えば、エビデンスを掴めさえすれば真実に迫ることが出来るのです。
道場の絶対王者イボナメクジ師範サマはクソ偉そうに公私の分別を説きますが果たして彼にその分別があるのでしょうか?

イボ道場は真剣に議論をする場所であり、そこで男漁りをする女など追放されてしかるべきであると鼻息を荒くするイボナメクジは、その道場の師範席で何を見て鼻息を荒くしているのでしょうか。
公論の向こう側なのでしょうか、それともミニスカートの裾の中なのでしょうか?
まさか偉大なる公論大将軍サマが議論の真っ最中であるにも関わらずミニスカートから伸びる脚を眺めて鼻をのばしているわきゃねぇのでございますから、門下生の皆様並びに参加者の皆様は安心して下さい。
それは私が保証しまセン。

やはり普段の生活が乱れていようとも、いざ公論についての議論をする場所に立ったのならば、日本男児たるものしっかり気持ちを切り替えて、網タイツに心を奪われるべきなのでしょう。
たとえ網タイツに心を奪われようともイボナメクジは機能不全しておるのやから安心して下さい。

そのようなナショナル勃起不全の日本男児どもが雄々しくほたえる公論の場ではみだりに淫らな言論が展開されています。
ならば、妻が悪質なデマで中傷されるのも当然です。
真っ当な人間こそが非難を浴びて追放されるのは宜なるかなです。
むしろ道場の連中に悪の烙印を押されることは喜ばしいことなのです。
私の妻は何も悪くありません。
実際に公論の場所でみだりに淫らな行為をしていたのはどちらなのでしょうかねと私は逆に問い返してやりたい気持ちです。

もう一度言いますが、何事もエビデンスを獲得することが重要です。
しかし逆を言えば、エビデンスを掴めさえすれば真実に迫ることが出来るのです。

----------

このブログについての批判や反論、道場についての情報提供は本ブログコメント欄以外でも受け付けていますので遠慮せずにご利用ください。


イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com


FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

https://twitter.com/washiotomokiti


この記事へのコメント