0コメント

小林よしのりマンの詭弁と冷笑

イボシンパについて考察したコメントが届きましたので紹介します。

Twitterにしろライジングのコメ欄にしろ、門下生になってない(してもらえない)イボりん信者って、言ってることだけじゃなくて、反応とか絡み方までそっくりなんすよね。
恥ずかしながら、一時は界隈に関わっちゃった過去があるんで、門弟(当時)のハンドルネームならそれぞれ別人なのは分かるんだけど、これがTwitterアカウントになると誰が誰やら、没個性で区別がつかない。
『アンチ』へのコンタクトが「鷲ヲの副アカ」ってのもテンプレで。

壇ミッツ(現 葉月蓮)氏がTwitter始めたときも、「鷲ヲの副アカだろ!」だったし、最近はこまつなさんってアカウントが粘着されてるようですし。
信者同士のリプ見ても、門下生じゃない信者のアカウントって、実は1人でしたー!って言われても納得しちゃうような応酬なんすよね(個人の見解ですよ)。
そのくらい盲目になってるってことかもしれませんが。
こちらのコメ欄にも、そんなアカウント名のひとつを使って粘着して喜んでるかまってちゃんがいますけど、そんな暇があったら日増しに支離滅裂になっていくイボりん先生の心配した方がいいんじゃないかなぁ。

最近のブログの内容見る限り、冗談抜きで医療関係の助けが必要なんじゃないかと思えて怖いっすよ。
こういうこと書くと誹謗中傷とか言われちゃうんでしょうけど、イヤミとかちゃかしじゃなく、マジなんです。
信者の皆さん、ちょっと冷静になってイボりん先生の言動チェックしてあげて下さい。
支持してるから、何でもアリでついていくっていうのは、本当の支持じゃないっすよ。
別に『アンチ』の意見を聞き入れろなんて言ってんじゃないんすよ。
あなた方の現場、リアルに照らしてもう少しフラットに社会を見て、そんでイボりん先生を見てあげて、ってことっす。
なんかマジでオウムの再来を見てるようでゾッとしちゃったもんで、変なコメ書いてすんません。(未だに門下生とかやってるヤツの精神が怖いさん)


さて、艶絹ですが、自分の発言がデマではない証拠を一切示すことをせず、私のブログの信憑性云々と論点ずらしをし、つまりは相殺法を用いて、私からの非難を打ち消そうと詭弁を弄しています。
このように堂々巡りをさせることで相手を疲弊させるのは冷笑家がよくやる手口であり、これこそがイボ読者の本質であるのです。
9851D218-50B8-4E6B-B19A-5602B4FFD67E.jpg


では、アメブロの再録をしましょう。

----------

何がキッカケでトラブルに巻き込まれるか分かりません。
私はただ素直に思ったことをブログに書いていただけでした。
調理師が料理を作らず、調理師見習いでさえない皿洗いが作った料理を提供する飯屋があるとしたらいただけないなと思っただけです。
しかも、その皿洗いは調理師を目指しているわけでもなく、その店の主人の下僕として、やりがい搾取されているだけであることを知ってしまったら、部外者といえども指摘したくなるのは人情でしょう。

「身を修め現場で戦う信者たちと築き上げた言論の砦で公論を創る」と嘯いている公論おじさんこと妖怪イボナメクジが、会員限定のネット放送で私ども夫婦を中傷したという一報が入り、そのネット放送の動画を確認し、情報提供者から話を聞いたことをブログにつらつらと綴りました。
あの放送さえなければ、私はただの傍観者でいましたのに、イボナメクジは余計なことをしたものです。
それはまさに「出てこなければやられなかったのに!」状態です。

ネット番組の生放送で、イボナメクジ師範が私の妻についてのデマを拡散しました。
私の妻が道場の参加者である男性門弟を相手に次々と肉体関係を持ち、風紀を乱していたというのです。
その為、妻を破門とし、道場から追放したのだと言い切りました。
妻と関係を持ったとされる男性門弟たちを不問に付している理由は特に話されていなかったのですが、男尊女卑が脳髄にまで達しているために、その矛盾に気づかないのでしょうね。

しかし当時、妻は破門を言い渡されておりません。
他の門弟は皆が皆、何故妻が門弟から外されたのか分からないと首を傾げていました。
当時を知っていて今現在も門下生である人々はその事実をどう説明するつもりなのでしょうか。

私の妻について、2013年の段階で道場を破門にしたとイボナメクジは明言しました。
そのことについて当時一切アナウンスがなされていませんでしたから、妻と仲が良くなった女性門弟とはこの生放送があるまで普通に交流しておりました。

妻は2018年8月の生放送で初めて自分が追放されていた事実を知ったのです。
その破門理由というのが男性門弟たちとセイ&コウをしていたからというのですが、いい大人の男女間のことを口出しするのはみっともないと思わないのでしょうか。
仮に妻が恋多き女性だったとして、何の問題があるのでしょう。
恋愛体質の女性は尻軽であると決めつけ、誰とでも寝る女というレッテルを貼り、排除する拙劣さには呆れます。
そして、レン&アイもセイ&コウも相手がいなければ成立しませんのに、何故、女性だけが罰せられなければならないのでしょうか。
このことからも分かるように、イボ道場の支柱にはミソジニーがあることが明らかです。

妻を破門にしたのならば、何故その時に通告しないのでしょうか。
自分が破門にされたと知らなければ、道場に参加しようと応募してしまうではありませんか。
しかも、二度連続で参加すれば再び門弟に返り咲けるのだから諦めないで応募してくださいと仲が良い門弟たちから声をかけられていたのですから、そりゃ応募を続けてしまうでしょう。
わざわざ一度目は当選させ、門弟資格を得られる二度目の時は必ず落選させるという陰湿なことをしてまで、何故破門になったことを報せなかったのでしょうか。
それは建前上、反対意見や異論も排除しないと謳っていた手前、自分たちが気にくわないからという理由で追放したと公言したくはなかったからなのでしょう。

主催者が誰を招き、誰を追放するかは勝手に決めれば良いと思います。
それは主催者権限というやつでしょう。
メルマガのコメント欄も管理人の自由で自分たちに都合が悪い意見などの削除もやりたいだけやれば良いと思います。
それは運営者権限です。
しかし、追放したことを正当化するためにデマを流すのはどう考えても許されるものではありません。
これまでもそのように排除理由を捏造してきたのだろうかと疑ってしまいます。

「とにかくわしは悪くない。悪いのはわしに逆らった奴らの方だ。わしに逆らうとどうなるか思い知らせてやる。」

と、このような短絡思考で脊髄反射的に行動するイボナメクジのヤバみに道場の参加者は気づいていないのでしょうか。
もし、気づいていないとしたら、その人たちも相当なヤバみが溢れいます。

イボナメクジは「来るものは拒まず、去る者は追わず」などとカッコつけたことをよく言いますが、実際の彼の振る舞いはその言葉とは裏腹に去った者を追い回しいつまでも石を投げつけ続けています。

イボ道場は今やイボナメクジの意見と異なるものは全て間違っており、イボナメクジに意見を合わせなければ許さないという考え方が大勢を占めております。
道場は公論とは名ばかりのイボナメクジの私欲の発散の場所でしかありません。
それをさまざまな立派な言葉でコーティングして、大義を掲げている風にして活動しているのです。

デマ吐き妖怪イボナメクジを支持する連中はイボナメクジ以外の言葉を聞こうとはしません。
イボナメクジと対立する意見を言う論者の言い分をしっかり聞いた上でイボナメクジの意見と照らし合わせて自ら考えて結論を導くという手間のかかることは一切しません。
あらゆる主張・意見を比較検討するということをせず、ただただイボナメクジの言い分だけを信じ、イボナメクジが藁人形論法で相手が言ってもいないことを捏造してシャドーボクシングをしていても、それを知ってか知らずか、熱狂的な声援を送るだけで、あとは何もせず、何も考えないのです。

----------

このブログについての批判や反論、道場についての情報提供は本ブログコメント欄以外でも受け付けていますので遠慮せずにご利用ください。

イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com


FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

https://twitter.com/washiotomokiti



この記事へのコメント