2コメント

我笛吹けども全く踊らず

イボシンパがイボナメクジにテレビに出演して珍コロ論を披露して下さいと直訴したところ、イボはそれを時間の浪費だとあっさり拒否して、本をヒットさせた方が世の中を変えられると断言していました。
イボのその御言葉を聞いたシンパは感涙にむせび、感謝の言葉を述べていました。

4C39C363-CF4D-4B24-B4A0-898C94DBAF0B.jpg

であるにも関わらず、イボナメクジは早くのその発言を撤回するように本のヒットよりテレビの力が上であるとブログで吐露しました。

テレビで洗脳したコロナ脳の大衆はあまりにも膨大で、わしの『コロナ論』で一気に変えるなんて出来るはずがない。だがテレビで発言してくれる者がいれば、希望が見える。

イボナメクジはそう言って、何の専門的な知識もない辛坊治郎や三浦瑠麗や橋下徹を絶賛し、《専門家なんか意味がない。何も頼りにならない。専門家や学者などという権威は無効だ。今回ほど専門家や学者が役に立たないと思ったことはなかった。》と言い切りました。
医学についての専門知識のない素人が、銭ゲバ感覚だけで経済を回せと主張しているのをイボナメクジは支持したわけです。
己の珍コロ論を通す為、ネオリベにまで擦り寄り始めたわけです。

今年はいまだに喘息が完治しない。

イボナメクジは「完治」の意味さえ理解していない馬鹿です。
そんな馬鹿が新型コロナについてあっちへコロコロ、こっちへコロコロ、その場しのぎの適当なデマを吹聴し、雑魚ウィルスだから三密なんかする必要もなく、集団感染してオッケーだと暴論を展開し、マスクは不要で濃厚接触を推奨し、それを鵜呑みにしたシンパが実践しているというのですから害悪以外のなにものでもありません。
自分たちだけで馬鹿をやって自己完結出来ることならば自由にしたら良いでしょうが、ことは感染症であり、赤の他人を巻き込むことになる案件です。
世の中の人のほとんどが自分が感染することよりも他人に感染させてしまうことを恐れているのです。
自分が無症状であっても、自分が感染源となり、他人に被害が出ることを一番気にかけているのです。
イボ道場の連中に欠けているのはその意識です。
自分が無症状で健康なのだから、電車内でも店内でもいくらでも飛沫を飛ばして結構だし、いくらでも飛沫を吸い込んでみせるさとイキっているわけです。
イボ道場が10年間かけて作り上げてきた「公論」とやらの集大成がコレです。


『ゴー宣』で何を書いても、すぐ「この問題について書いてないじゃないか!」と言って来る人がいるのですが、そういう人って、今の日本にどれだけの問題があると思っているのでしょうか? その全てを『ゴー宣』で書けると思っているのでしょうか?

私のような知識の乏しい人間でさえ、「んなアホな!」と思ってしまうような内容のブログを日本で唯一の公論の場の師範代が書いてしまうのですから笑けてきます。
誰も頼んでもいないのに、勝手に時事問題に首を突っ込んで来ておいて、理論の元になる情報が不正確であることを指摘されると、「今の日本にどれだけの問題があると思っているのでしょうか? その全てを書けると思っているのでしょうか?」などと開き直るのです。

自分から進んで「IWCの脱退」というニュースを取り上げた以上は正確な情報を元にして自説を展開しなければならないのは当然のことです。
しっかりと情報を得てから記事を書くべきなのは当たり前の話です。
まさかとは思いますが、今から十数年も前にイボ先生が責任編集した雑誌を元に当該の記事を書いたわけではありませんよね?
あの時の記事自体が水産庁のプロパガンダのような特集でしたが、あれからさまざまな事実が明らかになっているというのに、そのことを一切調べもせず、知識を一切アップデートしないで、当時の雑誌の記事だけを踏まえて、今回のニュースについて有料記事を書いたなんて、まさかまさか、そんなトンマなことを、あの偉大なるイボナメクジ先生がするわけがありません。
記事を書く以上、正確な情報を得ることは何よりも大切なことです。
それは読み手の問題ではなく、書き手の問題です。
「情報」は間違っていても取り上げた「テーマ」が正しげな感じだったらそれでいいんだなんて、そんな馬鹿な話はありません。

「わしはネットを見ない」と事あるごとに言っているイボナメクジですが、いつもブログで取り上げるのはワイドショーについてかヤフーニュースなどネットで話題になっている事柄です。
それであるにも関わらず、彼は何故に「ネットを見ない」アピールをするのでしょうか?
ネットを見ていないことにしないと都合が悪いことでもあるのでしょうか?
次回はその辺りの事情について振り返っていきたいと思います。

0441BD80-8B87-4258-91C1-4A90B6242F48.png

このブログについての批判や反論、道場についての情報提供は本ブログコメント欄以外でも受け付けていますので遠慮せずにご利用ください。

イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com

FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

https://twitter.com/washiotomokiti

この記事へのコメント

  • 恥ゴリさんは知らないんだね。テレビというのは、イボが「出たいー!」と言っても出られるものではないんだよ。テレビ局が「出てほしい」と言ってくれないと出られないんだよ。
    2020年08月15日 15:38
  • XYZ

    ちこりさんの言うように、イボナメクジがテレビに出て、コロナウイルスの脅威ではないと言った方が効果的です。

    イボナメクジの切り札、コロナ論の売り上げ増にも繋がりますしね。

    なぜそれをしないのか?

    迂闊にもテレビに出て、万一注目でも浴びてしまったら、ミニスカゴチの件がほじくり返されてしまい、イボナメクジは世間から一斉に塩を振りかけられ消滅してしまう。

    イボナメクジ先生は危機察知能力に長けているので、それを痛い程理解しています。

    ちこりさんはイボナメクジ先生の内心を忖度してあげた方がいい。
    あんまり空気の読めないコメントをしてるといずれ粛清されますよ。
    2020年08月15日 13:55