3コメント

被害者を守る唯一の方法

先日、私はブログ記事の中でイボ道場は陰謀論を主張していると指摘しました。
そうしたところ、イボナメクジはまるで鸚鵡返しをするように玉川徹を陰謀論者として非難するのでした。

イボナメクジのこの主張は典型的な陰謀論です。
今回はコロナ禍を理由にしていますが、それ以前から何か事が起こると、それを陰謀論に繋げて危機を煽るというのはイデオロギーの左右関係なく、やべえ奴らがよくやっていました。
思い返すと、イボナメクジはこれまでもずっと陰謀論に飛びついては危機を煽り、それに気づいている自分たちは選ばれしエリートだと言ってきたわけです。
オウム事件の成功体験から、自分の発信力に万能感を覚え、世の中に影響を与え、世直しが出来ているという気分に酔い痴れ、間違った世間に活を入れ、糺してゆく使命が自分にはあると盲信して、それをするにはどこかに悪い企みが無ければならず、それが陰謀論へと繋がっていったのでしょう。

玉川徹って完全な「情報弱者」で、デマばっかり発信している。自分の好む情報しか仕入れないからだろう。

この「情報弱者」についても、かさこ案件を振り返った時に取り上げた話題であり、明らかに当てこすりの意味合いがあると思われます。
《「わしが「レコード大賞が『USA』でなかったのはペテンだ」と書いたら、「レコード大賞なんてそんなものなのに怒るなんて情弱だ」と批判してくる者がいるが、頭は大丈夫なのか?」
イボナメクジはさして話題にもならなかった自分のブログ記事について炎上したと大袈裟に騒ぎ、自分を「情弱」呼ばわりした相手を名指しせずに批判しました。
批判してきたという相手が誰なのかも明記せず、批判記事のリンクも貼らないで反論をする理由は実は炎上と呼ぶほどのものでもなく、相手も有名な言論人などではなく、一般人クラスの無名ブロガーだったりするから明記出来なかったのです。
情弱なんて全く無駄な言葉である! 情弱なんて死語にしろ!」

それにしても、以前はあんなにムキになって否定していた「情報弱者」という言葉を使って、玉川徹を罵倒するとは論理もクソもあったものじゃありません。
大体、未だに「情報弱者」などという程度の低いネットスラングでレッテル貼りする奴もいません。
むしろそのフレーズを使う奴の方こそ軽蔑の対象になっているのではないでしょうか。

ともあれ、私がブログでイボについて指摘すると、イボはその内容に連動してコチラを茶化すような内容のブログをあげるのですが、しかしはっきりとこのブログを名指しして批判をしないのは、当方のブログ記事はなるべくシンパの目に入れたくないからなのでしょう。
しかし指摘されたことを無視するのも業腹であるのでエアリプするように茶化してみせるわけで、そのジレンマがいじましいですね。


果たして私はどこまでのことを言葉にするべきなのでしょうか。
知っていることすべてを言葉にすべきなのでしょうか。
エビデンスのあるものすべてを言葉にすべきなのでしょうか。

エビデンスと言う奴、わしは嫌いデンス。

イボが「ネットを見ない」アピールをする理由は、このようにネット上にある指摘や批判や告発について脊髄反射している事実を知られたくないからでしょう。
実際は小心者のくせに「ちっちゃいことは気にしないワカチコ」な大物に見られたいから、一般人に過ぎない私のブログに反応している事実を隠そうと必死に取り繕っているわけです。
それにこれ以上、私のブログの存在がライトなイボ読者に発見されることは避けたい思いもあるのでしょう。
シンパまでになればもはや信仰の域に達しているので離反する心配はないでしょうが、大多数のライトな読者はそうはいきません。
私のブログに書かれている内容について、イボナメクジが反論もせずに逃げ回っていることに疑問を覚えてしまいます。
「先生はどうして真っ向から反対しないのだろう?」
そのような疑問を持たれたら非常にマズイわけです。

イボナメクジが自身の主催する道場の内部で行なってきた異様な行動についての告発を知られては、これまで築いてきたちょいワルだが人情派で、公のために世を糺す異端の作家という虚像が崩れてしまいます。

私のブログに書かれた疑惑についてイボナメクジは自ら釈明しなければなりません。


私のブログ記事については「憶測という批判は受け付けない。憶測なら、運営が疑惑を晴らす責任がある。運営は確実に事件を「隠蔽」しているのだ。こういう時にこそネットで情報を発信するのは有効であり、それは被害者を守る唯一の方法である」てなもんです。

ブログにはイボナメクジが己の立場を利用し、精神的支配をした女性門弟をてごめにしたことについて書いていますが、ネタ元は被害を受けた女性門弟本人です。
これについて「憶測という批判は受け付けない。憶測なら、運営が疑惑を晴らす責任がある。運営は確実に事件を「隠蔽」しているのだ。こういう時にこそネットで情報を発信するのは有効であり、それは被害者を守る唯一の方法である」というわけで、イボ道場の運営はすぐにでもその責任を果たしましょう。

更にこのブログではイボナメクジ代表師範とエキノコックス師範がネット番組で私の妻についてのデマを垂れ流して中傷したことについても書いていますが、ネタ元はイボ道場の配信動画です。
これについても「憶測という批判は受け付けない。憶測なら、運営が疑惑を晴らす責任がある。運営は確実に事件を「隠蔽」しているのだ。こういう時にこそネットで情報を発信するのは有効であり、それは被害者を守る唯一の方法である」ということで、すぐにでもデマを流した事実について公式見解を発表してもらいたいものです。

NGT48の強姦未遂事件について書いているが、ネタ元はネットだ。「憶測」という批判は受け付けない。憶測なら、運営が疑惑を晴らす責任がある。運営は確実に事件を「隠蔽」しているのだ。こういう時にこそネットで情報を発信するのは有効であり、それは被害者を守る唯一の方法である。

66A97E84-3A93-455E-8248-A49C707C776F.png

このブログについての批判や反論、道場についての情報提供は本ブログコメント欄以外でも受け付けていますので遠慮せずにご利用ください。

イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com

FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

https://twitter.com/washiotomokiti

この記事へのコメント

  • ㍋㌧コイン

    更新お疲れ様です。
    イボナメクジが以前ブログで「陽性者=感染者ではない、単なる曝露の場合もある」
    と言っていた件について書きます。

    8/2のブログでは「高橋教授の説に対するわしの理解がまだダメだ。」と言いながら一体何を間違っていたかを明らかにしておりませんでしたが、
    どうやら「陽性者=感染者ではない説に対する理解が間違っていた」という事で間違いなさそうです。
    5chやTwitter、そしてこのイボ通でもそれはすでに否定されておりました。
    https://washiblog.seesaa.net/article/476640423.html

    https://www.gosen-dojo.com/blog/27598/
    >曝露段階ではPCR検査は「陽性」になると言っていた。
    >「SPA!」の編集者が高橋教授に聞いたら、「陰性」に
    >なると回答されたという。どうもわからん。
    >曝露段階でもコロナが鼻の中に付着しているのなら、
    >「陽性」になるはずと思っていたのだが、高橋教授の
    >回答は違っていたので、そのままに書いている。

    ここ2週間その件についてドロヘドロ共に触れずにいたのにまた言い出しました。
    分からないなら調べるなり、編集者経由じゃなく詳しい人に直接聞くなりすればいいのに
    医学素人が持論を撤回出来ずしつこくヌメヌメのたうち回っている様は実に見苦しい。
    https://i.imgur.com/MPSXLjK.jpg
    5ch道場スレに同内容を投稿しましたが、画像が高橋教授の7段階モデル。
    PCR(+)の段階で感染者扱いとなっています。
    これがイボを悩ませているのですね。実に馬鹿馬鹿しい話ですがイボ達は玉川らをPCR真理教と蔑むうちに、どうやらPCR自体の検査意義がわからず、不当なまでに信頼性の低い検査だと考えているようです。

    https://jeaweb.jp/covid/qa/index.html
    こちらに書いてありますが、曝露したがウイルス量が少なく自然免疫の段階で防御したものや、
    感染成立までいかず粘膜に付着している程度だとウイルスが少なすぎて増幅できずに陰性となります。
    もちろんウイルス量が十分にあり、PCRで増幅出来た場合は陽性反応となり、体内にもそれなりに増殖していると見做されますので陽性者=感染者です。

    それとイボ尊師とそれに追従するだけの盲目信者どもが分からないようなので書いておきます。
    PCR検査は感度70%、特異度99%と言われる検査です。
    この「感度」というのは真の感染者のうち検査で陽性と判定される者の割合。
    感度が高い検査は偽陰性(間違って陰性となる判定)が少ない、つまり陰性反応適中度が高い。
    一方「特異度」は真の非感染者のうち検査で陰性と判定される者の割合。特異度が高い検査は偽陽性(間違って陽性となる判定)が少ない、つまり陽性反応適中度が高い。

    感度の高い検査はスクリーニングに使われ、特異度の高い検査は確定診断に用いられる。
    PCR検査は後者に属する。

    上記の内容は私が勝手に調べて言っていることではなく、一般社団法人日本疫学会新型コロナウイルス関連情報特設サイト運営チームに
    直接問い合わせて得られた回答です。

    以前信者らが尊師に忖度するが如く「PCRは感度が70%程度しかなく信頼性に欠ける。陽性者は感染者とは限らない、単なる曝露の可能性もある!」
    と5chなどで暴れていました。
    それについて日本疫学会はこうも言っていましたよ。
    「PCRは精度70%程度しかなく、陽性者=感染者ではない、との主張は、もし前段が感度、後段が陽性反応適中度のことを指しているのであれば、
    感度と特異度を混同している可能性があります」と。

    つまりPCRで陽性と出た場合は非常に信頼性が高く、一方陰性と出た場合は少し信頼性に欠けるということです。
    当然陰性と出たからそれで帰すわけではなく、その他検査や問診を、PCRでのぬぐい液の採取場所は正しかったかなど疑われることになります。

    https://jeaweb.jp/covid/glossary/index.html#kensa
    一応参考リンクを貼っておきます。
    そしてPCRで陽性となった場合は感染の可能性が高く、実際に感染者であると診断されています。
    これらは私が日本疫学会ほか、東京都(行政)、東京都医師会それぞれから聞きましたが見解は一致しておりました。
    尊師、もう諦めて陽性者は感染者だと認めよう。
    別に間違ってても構わんでしょう、最終的には「陽性だろうと何だろうとコロナは雑魚だから無意味」という主張に逃げるんだからさ。
    2020年08月15日 17:20
  • しょうがくいちねんこくご

    イボナメクジ しんじゃの どっかいりょく と りかいりょくは 
しょうがっこう ていがくねん と おなじだから 
よめるように ぜんぶ ひらがな カタカナ で かくね。  

2しゅうかんご ニューヨークのようになる と 
けいこくしていた せんもんかは 
これからも みんなが しゅうだんで すきかってに  
のんで あそびあるいていたら ニューヨークみたいに 
なると よそくしたんだよ。 
イボナメクジが おかみにじゅうじゅんなかちく と 
みっともない うらみぶしを かく くらい 
みんなが じしゅくを していたのだから  
ニューヨークみたいに ならなかったじゃないか という 
もんくは せいりつ しないんだよ。 

イボナメクジの しんじゃは 40さい 50さい の  
おじさん おばさん ばかりなのに がくりょく が 
しょうがっこう ていがくねん より ひくい なんて 
イボナメクジという あごなしぶた は ほんとうに あわれだよね。
    2020年08月15日 14:21
  • 情弱なんて久しぶりに聞いたわ。半ば死語だろアレ。
    2020年08月15日 11:10