1コメント

トンデモ珍コロナ論よりラーメンを

前回はイボのライトな読者視点のコメントを紹介しましたが、特に自粛疲れもしていない一般的な視点からのコメントも紹介しておきましょう。

新コロ論のアマゾンレビューはどうなってるんだ?
中身の話よりも訳のわからんテメェ解釈の抽象的な話がトップレビュー扱いになってる。
誰もまともに本の内容をレビューしないのか?
ようやく読めるレビューがあったと思ったらフルボッコ、どんだけ穴だらけの本なんだか。
じゃあ、お前が読んでレビューしろと信者は言うだろうな。
バカ言うな冗談じゃねぇよ、そんなトンデモ本に金を出すならラーメン食いに行くわ。​(匿名希望さん)

一見すると辛辣な意見のように見えるかもしれませんが、これはごくごく一般的な感想でしょう。

さて、ゴーマニズムなイボナメクジ先生のシンパたちが私のブログは信憑性がないデマだと言い続けていますが、信憑性がないと言って思い出すのは2018年8月21日に生配信されたイボナメクジ先生のニコ生です。

上のリンク先の動画でゴーマニズムなイボナメクジ先生が私の妻について、「男とやりまくっている」と中傷していますが、その発言の信憑性については決して疑問視しない連中が、私のブログの信憑性を問うとは笑わせます。

ゴーマニズム愛読者である連中は、おそらくこう言うのでしょう。
「我々はイボりん先生を信頼している。翻って匿名のお前の発言などは信用するに値しない」と。
何の検証もせずに信憑性の有る無しを決めてしまうのは自ら自分の頭でものを考えない思考停止の阿呆であると言っているようなものです。


↑上リンク先の書き起こしを読んで貰えれば分かると思いますが、発言した内容の真偽についてイボナメクジは一切証拠となるものを提示しておりません。
それでもイボナメクジの言うことは絶対に正しいという立場を堅持して、先生を信じているとイボシンパたちは言うのです。なんて爽快な信心なのでしょうか。

一方でイボ界隈の裏側の裏筋をどんなにリアリティがある内容で告発しても、イボナメクジがアンチ指定した人間の発言はすべてデマであるとして耳を塞ぐのですから皆さん最高です。
人は信じたいものしか信じないし、見たいものしか見ないという好例です。

私がデマを流していると思っているのならば、さっさとイボナメクジ先生に何らかの措置を講じるように働きかけてみてはいかがですか? 何故それをしないのですか?
イボナメクジのシンパの皆さんは薄々気づいているのではないですか?
私の書いているブログの内容がすべて事実に基づいているということを。

私のブログの信憑性が高くて濃くて、真実味がありまくりにあるから、それを恐れて手出しが出来なくて、負け犬の遠吠えのように、「あいつは信用ならないデマ野郎だ」とあちこちで吹聴し、道場メーリングリストというクローズドな場所で陰口を叩くことしか出来ないのでしょう?
道場の奴らって本当に心底情けない連中しかいません。
独立心もなければ、何の気概もない腰抜けしかいないのがイボ舐め界隈なのでしょう。


私の妻に対するデマについての話を続けさせていただきますが、2018年当時、私がブログにてそのことを告発するや否や、道場の古参門弟から妻に連絡がありました。
なんでも私の告発をやめさせろと言ってきたのです。もうこれ以上、イボナメクジについて真実を語るなと言うのです。
何故、私が口をつぐまなければならないのでしょうか。
それについて私はブログ上で「やなこった」とはっきりと拒否しました。
妻に連絡してきた古参はエビチリさん(仮名)でありましたが、エビチリさんは当時の最高幹部であった〆鯖子に頼まれて、断り切れずに妻にその旨を伝えてきたのでした。
しかし、妻はイボナメクジに「色んな男とやりまくっている」と嘲笑されたのですよ?
その妻に向かって、「イボナメクジ批判をするお前の旦那を止めろ」と半ば命令してくるなんて、人でなしすぎるでしょう。
いくらエビチリさんが呑気な天然さんといえども、〆鯖子にそんなことを伝言するのはイヤですと言うべきだったのではないでしょうか。
親交を深めて友人関係にあると思っていた方にそのような酷い内容の指示を受けた妻は精神的に大きなダメージを受けたのは言うまでもありません。

妻が男性門弟と乱交していたというのは苔ナビ経由のイボナメクジのデマです。それはまったく事実無根のデマではありますが、仮に私の妻がヤリマンだったとして何の問題があるのでしょうか?
ヤリマンならば、不特定多数の人間が視聴する番組で笑い者にして良いのでしょうか。

そして「それもわしの過激な表現であり、それを侵害するのは表現の自由を萎縮させる行為であり悪だ」などと嘯くイボナメクジを讃える支持者は間違いなくクズだと思うのは私だけではないでしょう。
たとえば風俗嬢をヤリマンだと笑い者にして、それを咎められたら「わしは何一つ間違ったこと言ってないやんけ。事実を語っているだけやん」と言って恬然としている奴をあなたはどう思いますか?
イボナメクジがやっていることはそういうことなのですよ?
そんな腐った野郎を崇め奉るイボ界隈は間違いなく害悪です。私は目の前にある害悪を見て見ぬ振りすることは出来ません。だから、イボナメクジについての批判ブログをやめる気はありませんので悪しからず。


次回はイボの珍コロ論について、ブログに寄せられたコメントを紹介していきたいと思います。
では、またあとで。




D7F3C762-341C-43C2-9F15-DC7168B97AA8.jpg

このブログについての批判や反論、道場についての情報提供は本ブログコメント欄以外でも受け付けていますので遠慮せずにご利用ください。

イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com

FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

https://twitter.com/washiotomokiti

この記事へのコメント

  • ずっとゴー宣道場ブログ読んでました

    スウェーデンの内心の焦りを伺わせるような記事をご紹介します。

    https://www.thelocal.se/20200821/skne-reports-increasing-coronavirus-infection-rate
    海岸地域の他に、第3都市スコーネで感染者、重症者ともに上昇中の模様です。

    https://www.thelocal.se/20200820/sweden-strikes-deal-to-buy-coronavirus-vaccine-from-astra-zeneca
    集団免疫の達成を華々しく発表したというのに、ワクチンを600万回分も購入するとは、一体どうしたんでしょうか?
    抗体率が上がらなくともT細胞による免疫で40%の免疫率が達成された可能性があるのではなかったのでしょうか?
    8万人の感染により、人口の半分の500万人が無症状で免疫を獲得したのではなかったのでしょうか?

    「ロフベン首相は、ワクチンは「正常に戻ることができる決定的な要因」であると述べた。」
    集団免疫が出来て、もうすっかり日常を取り戻していると聞いているのに、どうしたんでしょうか?

    「「危機はまだ終わっていない」と彼は言った。」
    一体何の危機が終わっていないというのでしょうか?不思議です。

    スウェーデン、ますます目が離せません。
    2020年08月22日 18:18