1コメント

オレたちの戦いはこれからだ!

この状態をもたらした張本人は何の後始末もせずにさっさとトンズラ。
今日が第2の発売日! 戦いはこれからです!

9A3FAA89-89BB-4885-9B5E-29E48D0AAD22.jpg
ドロヘドロは打ち切り少年マンガ最終回のど定番のフレーズを書いていますが、自虐ギャグのつもりなのでしょうか。
コロナ禍による経済の落ち込みの元凶が「羽鳥慎一モーニングショー」というワイドショーであるかのように妄想しているイボ一派のカルト特有の思い込みはマジでヤバすぎて最早笑いも取れません。

さて、その妄想を一冊の本にしたトンデモな珍コロ論が再び書店に出回り、新刊本コーナーに平積みされるそうですが、当然イボシンパは初版だけでなく、2刷も複数買いするのでしょう。
なにしろ初版本は本来回収しなければならないほど大量に記述の間違いがあった欠陥品なのですから、実質改訂版である2刷も買わなきゃシンパの風上にも置けません。

記述の間違いで思い出すのが、イボナメクジが誤った内容のブログをこっそり訂正することが度々あります。

いつでしたか、イボは「青木理は政教分離原理主義者だな」というタイトルでブログを更新しており、その内容は青木理が天皇が誕生日会見で政治的なメッセージをしているのがいけないと批判していることを伝えておりました。
青木理氏のその発言について、イボナメクジは天皇が政治発言をしていけないと言う青木は政教分離原理主義者だと非難したのです。
しかししばらくすると、そのブログは取り下げられ、閲覧出来ない状態になりました。
私は思わず「消しやがった」と呟きました。

それはライジングコメント欄に以下の投稿があったからでしょうが、もしそうであるならば、そのコメント主の指摘に礼を言い、訂正した旨を伝えるのが物書きとしての最低限のマナーでしょう。
3CF9AF62-B54F-4404-9AA9-C35B5A15B472.jpg
D255664E-57CD-40DD-8B35-4D8D32C44459.jpg

しかしイボナメクジはそれをせず、黙ってブログを削除した事の言い訳さえせずに、ほぼ同内容のブログ記事を「政教分離」に触れた部分のみ書き換え、タイトルも「青木理は天皇ロボット論者だな」と変えて、再投稿していたのです。

428B64CB-6F5C-4432-94FF-D9A73C8686EC.jpg

誤字や脱字程度のものならいざ知らず、明らかに誤った情報を流したのならば、それがたとえ短い時間内のことであっても「読者からの指摘で気づいたが、わしは政教分離について誤解していたようだ。申し訳ない。わしは謝ったら死ぬ病ではないので、このように間違いがあれば素直に謝った上で訂正する。わしはミスもする天才じゃい。こそこそと訂正して、そのことを黙っているようなカスとは違うんじゃい」とアナウンスした上で、ブログを再投稿するものでしょう。

しかしイボナメクジにはそれが出来ません。
何故ならそのミスが余りにも致命的な無知蒙昧を晒すミスだからです。
それは私の妻に対するデマを撒いたことを認めずにダンマリを決め込んでいることと同じです。
彼のミスやデマは謝って済むレベルのものではないのです。

さて、更に驚くべき事実を言いましょう。
それは青木理氏のサンデーモーニングでのコメントについてです。
イボナメクジがブログで難癖をつけたやつです。
私はその番組の動画をあとで観て、「またか」と思いました。
青木理氏の発言はイボナメクジがブログで紹介していた内容とはまるで正反対の意味を持つものだったのです。
イボナメクジには他人の言葉を正確に理解する知性がまるでないようです。
マジでドン引きするレベルです。
しかしイボナメクジ界隈の連中はイボナメクジの言葉しか耳に入らない為、その事実に気づきません。

この件に関して以前コメントがありましたので再度紹介します。

まるで百田尚樹の「日本国紀」のように間違ったことを隠してしれっと改変したイボナメクジのブログ(https://www.gosen-dojo.com/blog/20607/)ですが、その内容も酷すぎますね。
青木理氏のサンデーモーニングでのコメントは、

「天皇の発言に政治性を帯びさせてはいけない(政権批判の文脈で利用してはいけない)が、ごく平和主義や沖縄のことや外国人労働者のことなど、常識的なことを言っている。それが、排外主義や歴史修正主義が横行していることで、結果的に政権批判になってしまう。ここに現代日本の病を感じる」

と言っているのであって、陛下のお言葉を批判する内容ではないし、陛下が発言を控えるべきというような文脈でもありません。
イボ取り爺さんってば、コメントの内容を理解できなくて「政治性を帯びさせてはいけない」というフレーズだけに噛み付いてますね。
言論人を自称する人が、この程度のことも読み取れないってやばくないですか。
ヘドロやバタ子ら周囲も気づかないのか、気づいてても何も言えないのか、いずれにしてもやばくないですか(笑)(酢鴨さん)

イボナメクジには作家としての矜持すらもはやないようです。





この記事へのコメント

  • ずっとゴー宣道場ブログ読んでました

    https://www.gosen-dojo.com/blog/27860/
    寄生虫木蘭氏がなかなか呆れたブログを上げていました。
    他国は他国って、お前が言うか?かなり読むだけ時間の無駄の駄文紹介のその下に、テグネルグッズ紹介するのは矛盾していると分からないらしい。
    スウェーデンは元々高齢者はトリアージされ、寿命と判断されれば治療をしないという医療体制であり、なおかつコロナ禍ではトリアージすら与えないという非道な荒技をやってのけた、スウェーデンでしかあり得ない事情があることをもう一度蒸し返しておいてあげます。まさに他国は他国です。
    https://www.thelocal.se/20200707/swedish-healthcare-watchdog-report-care-homes-coronavirus
    そのような医療体制でない日本でやれば間違いなく医療崩壊し、医師たちに過酷な判断を迫る事態になったであろうことは容易に想像がつきます。緊急事態宣言はそれを回避するために出されたことは尾身氏も言及したことがあり、4月末のICUの逼迫したデータを見ればそれは嘘ではないと分かります。
    それを国民が行動変容した後のデータを「分析した」と言って、自粛は無駄だったと言うことの無意味さ有害さにウンザリします。
    また別でスウェーデン報告をします。

    ドロヘドロも同様にろくでもないブログをあげましたね。
    https://www.gosen-dojo.com/blog/27836/
    難癖としか言いようがない。
    治療も現場も知る医師がインフルの方が簡単に対処できると思っており、合併症や後遺症の確率も桁違いだと感じているのは明らかなのに、何をド素人が噛みついているのでしょうか?
    伊藤潤医師といい東京医師会会長といい、コロナ治療の最前線を知る医師ほど私の見解と近い意見をお持ちであることは心強い限りです。
    会長も、以前紹介した無症状軽症者でも非常に高確率で心異常を起こしているドイツの論文を気にされていることが分かります。
    https://jamanetwork.com/journals/jamacardiology/fullarticle/2768916
    ぜひそれが血栓を起こしにくいと言われる日本を含めたアジア人でも同様なのか、早く調査してほしいものです。

    「「インフルエンザと同程度の感染対策をしていれば、コロナは怖くない」と言っている人はいても、「研究室で培養されたコロナウイルスをもらって、わざと吸い込んで感染したって怖くない」なんて言ってる人は、ひとりもいませんよ!?」
    雑魚ウイルスには感染して集団免疫と主張している団体の師範代が、なにトーンダウンしてくれちゃっているのでしょうか?
    別に研究室で培養されたコロナウイルスをわざと吸い込もうが市中で感染しようが、どちらも同じ感染でどっちの方が怖いなどないのは当然です。
    どうして研究室のウイルスを吸い込むのは怖いんですか?どうしたんですか?感染したくないんですか?
    せっかく新型コロナウイルスをくれると言われているのに、むしろイボ一派イボ道場門下生まとめありがたく頂戴して感染して免疫をつけ、公のために感染の盾となって自分たちの正しさを証明すべきでしょう。
    まさかインフルなど流行っておらず流行っているのは雑魚ウイルスだけの今でも手洗いうがいを徹底し、鼻の穴まで念入りに洗ってくれちゃったりしているんですか?
    そんなことではいつまでたっても集団免疫の正しさが広まりませんよ!
    コロナ論を配り歩いているイボシンパのためにも模範を示してあげてください!
    https://www.bbc.com/japanese/53900496
    2020年09月06日 13:44