2コメント

ゴー宣道場、玉木に勇気を与えて大成功

日曜のイボ道場について、イボナメクジが滑稽なブログをあげていました。

昨日の「ゴー宣道場」は質疑応答の時間が作れないほど議論に熱中して、そのかいあって玉木雄一郎氏に大いに楽しんでいただけたようで、わしはそれが大成果だったと思っている。

招待した政治家に「楽しんでいただけた」ことをもって大成功というのは、つまりそれは単なる接待です。
議論することを目的としていたわけではなく、ハナから接待するつもりでいたわけです。

参加者全員が濃密な議論の中、3時間ずっと集中して、目を輝かせていたことが、玉木氏にとって驚くべき光景だったらしく、こんな場があったのかと、相当に感心しておられた。

玉木が感心したとイボに言ったのは完全にリップサービスであり、イボに上手く取り入ればキラキラ瞳の馬鹿全員が選挙の票に繋がるのですから、適当におだてるのは政治家の常套手段です。
というか、いい大人が政治家の演説に「目を輝かせて」聞くヤバさの方が問題でしょう。
稲田朋美の御涙頂戴の苦労話にマジ泣きしていた連中には反省の二文字はないようです。

いざというときにキャスティングボードを狙える》政治家と繋がっておけば、お得意の「わしの意見が政策に影響を与えた」と妄言を吐き散らかして、自己満足に浸ることが出来ます。
イボナメクジはとにかく「社会に影響を与える凄い自分」に酔い痴れたいマヌケであることはもはや説明するまでもないでしょう。
その自分の承認願望のためだけに、質疑応答の時間をとらなかったのです。
もし参加者から質問を募れば、今イボが前のめりに問題視している新型コロナウィルスについて、山尾や玉木のスタンスへ疑義を呈する空気の読めない馬鹿が出てくることは必定です。
また玉木は女系天皇に関しては慎重派であり、その点についても突っ込んだ質問をする奴がいるかもしれません。

玉木氏は、女系天皇について「男系の女性天皇は認めてもいいと思うが、男系の伝統を変えることは長い歴史を変えることにもなるので、現時点では非常に慎重に考えている」と述べました。


だから、道場運営は質疑応答の時間を作らなかったのです。これぞイボナメクジの公論のスタンスです。

今回の道場は玉木と山尾という政治家を接待しただけです。
政治家を接待して取り入るのが公論ですか?

このイボナメクジの態度について、次のようなコメントが届いています。

今日のイボ道場のゲストは「軽症や無症状の感染者を強制的に隔離するための立法をすべき」と主張している議員さんですね。テンション高いっすね!
やっぱりそういう議員さんを招くにあたっては、みんなマスクをするという選択をせざるを得ないんですね。家畜のように従順ですね!
その普段の主張とおもっくそ矛盾する姿勢に異論を挟む門下生はいないんですね。同調圧力がハンパないっすね!!(匿名希望さん)

道場開催に当たりイボナメクジ尊師より、参加者にマスク着用を求めるのは世間の同調圧力に屈している何よりの証拠。 
主義も主張も覚悟もない。 
イボナメ道場の連中は、そこに疑問を持たないし、イボナメクジの風見鶏を糾弾しようともしない。
思考停止とはイボナメクジ道場参加者を指す。
バカばかりだ。
(XYZさん)

この記事へのコメント

  • 玉木雄一郎といえば、前回の選挙ではどこの党から公認されて出馬しましたっけ。
    ああそうだ、リベラル嫌いの前原が小池百合子の策略にハマったのか乗っかったのか、野党第一党だった民進党を解党して新設の党に吸収させるというアホな行為に走って安倍政権の延命をアシストした、希望の党とかいうところでしたね。
    つまり、小池百合子に「払っても公認されるとは限らない」という公認申請料300万円と寄付金200万円を払ったポンコツ議員だということです。結果的に小池百合子に好かれたのか公認されましたが、低次元な詐欺に引っかかって金を振り込んだ阿呆であるという事実は変わりません。

    そのとき不倫が原因で民進党を離党していた某女性議員は地元で支援者たちに「今のゴタゴタを見るに、私は離党していて良かったと思う」と、詐欺に引っかかったスカタン議員どもを軽蔑するような内容のスピーチをしていました。

    そんな2人が「政策本位の政党を」なんて偉そうなことを言っても期待するのはごく一部で、大半の人からは乾いた笑いを誘うだけです。

    結局のところ、野党の中で独自色を出す目的で憲法論議を提起しようとしたけど枝野ら主流に「安部政権の改憲を利することになる」と却下されて、不貞腐れた連中が野合してるだけですね。
    そういうの、ルサンチマンというんじゃないですかねえwww
    2020年09月16日 01:55
  • XYZ

    今の日本の直近の大きな課題は、コロナウイルスに対する対応をどうしていくかです。
    国会議員先生を招いてここに触れないのは、鷲尾さんのブログの通りなのでしょうね。

    イボナメクジ道場の皆様、これがいわゆる忖度です。

    玉木議員はイボナメクジ道場の人事労務会館、クラスターテロ未遂をご存知なのでしょうか?
    票の欲しさゆえに、出入りする場所を誤る、議員の資質に疑問を感じます。
    2020年09月15日 21:54