1コメント

#コロナ論 でのサクラツイート案件

昨日はスタッフと食事会をしたが、実に美味くて堪能した料理だったのに、GOTOキャンペーンで驚くほど安くなっていた。GOTOキャンペーンって凄いな。大人数で行くとすごく得だから、今のうちに大人数の会食をガンガンやっとくべきだね。

このイボブログについて疑問視するコメントが届いていましたので紹介します。

go to キャンペーンに対してデタラメを書き込むイボナメクジ先生。Go To Eatキャンペーンは10月1日からですよw(匿名希望さん)

そもそも、このGo To Eat キャンペーンやGo Toトラベルキャンペーンって、分かりやすいぐらいの利権案件であるようですが、アイヌ利権とやらには厳しく目を光らせていらっしゃるイボナメクジはどういうわけか、このGo To利権はゴリ推ししているのはどういった事情からなのでしょうか?

昨夜は「ゴー宣道場」全国推進隊長ちぇぶや門下生が一般読者も巻き込む『コロナ論』のハッシュタグ祭りというものをやったらしく、盛り上がったらしい。

祭りのあとにブログで取り上げるなんて酷いじゃないですか!
どうして事前に公式ブログで告知の協力をしなかったのですか?
そのせいでトレンド入りを逃してしまったじゃないですかぁ?
ところで、「一般読者も巻き込む」って、どういう事なのでしょうか。
推進隊長である遅延ブーなどの道場門下生たちは「一般読者」ではなく、「プレミアム読者」ということなのでしょうか?

ちなみに、一体何人の一般読者を巻き込んだというのでしょうか?
もしかして、GOTOキャンペーンで驚くほど安い値段で美味い飯を食ったという法螺話同様に虚偽報告をしてもわざわざ事実関係を調査するヒマ人はいないとタカをくくっているのでしょうか。
私がどれだけヒマを持て余しているのか知らなかったのが運の尽きですね。

私はわざわざ遅延ブーが呼びかけた「ハッシュタグ祭り」とやらの時間帯に「#コロナ論」を付けたツイートを遡って眺めてみましたが、ほとんどが道場メーリングリストに参加している門下生のアカウントが連投しているだけじゃないですか。
しかもほとんどのアカウントが捨て垢並みのツイート数であるのが笑えます。
これじゃあ、Amazonのサクラレビュー呼びかけと同じことを裏で工作したのだと勘繰られても仕方がないでしょう。

1BB9F59D-AC32-46F9-9A9F-BDD83A9B512C.jpg
わしはツイッターを知らぬから全然分からんが、感心するのは、彼女ら彼らが、コロナ禍を自分で終わらせようとする意思があることだ。これはもの凄く大事なことで、畜群はそんな発想すら浮かばないだろう。

「畜群はそんな発想すら浮かばない」って…。
ツイッターで問題提起をして運動を起こす時にハッシュタグをつけて拡散してゆくのは、もはや手垢のつきまくっている手口でしょう。
遅延ブーはそのやり口を手本にしただけであり、自ら発想した手法ではないですよ。
そして、ツイッターで「#コロナ論」を付けて呟くことでどうやってコロナ禍を終焉させるというのでしょうか?

もしかして、というか、もしかしなくても、天皇退位の特例法の時と同様に、コロナウィルスが沈静化した頃に、「我々のおかげでコロナ禍を終わらせることが出来た。わしの読者諸君の呟きという努力は報われた」などと言う布石のつもりなのでしょう。
いやはや、羞恥心のないアホほど厄介なものはないですね。

この記事へのコメント

  • 人食いヅォン・ドゥー

    今年2月末のツイートを最後に活動停止していた
    究極イボシンパ、羽場キチ三平が突如復活し
    コロナ論のハッシュタグをつけたイボ太鼓持ちツイートを
    連投しています。

    このタイミングで半年間活動停止していた理由も語らず
    イボコロリ論ハッシュタグ祭りに参加する目的で
    ツイートを再開するなんて、イボシンパの裏アカであると
    自ら証明したようなものです。
    羽場キチ三平は哀去ぬ陰平や反デデデ大王同様に
    複数存在する肉ヘドロの裏アカの一つなのでしょう。
    羽場キチのツイートは常に上から目線で相手を見下すように
    語る様がが反吐呂(夫)とよく似ているんですよね。
    2020年09月28日 07:31