2コメント

大神官ハーゴンと破壊神シドーの関係性

ドロヘドロという人と実際に対面したことがある人ならば同意してもらえると思うのですが、彼に恋愛感情を抱くことはなかなか至難の業です。
それはルックスが悪いとか以前の問題で、彼のブログやツイッターの文章に見られるような攻撃性を内に抱え込んでいながら、その感情を実生活でガス抜きすることが出来ずにキョドッているリアルなヘドロにときめきを覚える人はなかなかいないのが現実です。

以前にも書きましたが、彼と直接話す機会を得た女性読者が、彼本体を前にマンガのキャラはあれでもかなり愛らしくなるように描かれているのだと衝撃を受けたといいます。
つまり実際の彼はマジやべえ奴でしかないのです。

元門弟であった経験のある方は次のように述懐しています。

《話しかけてる相手の目を見ることすらビクビクで、下向いてもごもごしゃべるのが精一杯みたいでしたよ。
声ちっさ! 聞こえね! でも全部通じてる前提で話進めるから、結局何言ってたのか分からなくて、相手は「はぁ(愛想笑い)」で終わるしかないっていう。
これじゃ疑問があっても聞けないし、反論のしようもないので、本人にとっては会話成功事例のつみかさねになっちゃってるんでしょうね。
こーゆーの、無敵って言うんですよね。
(門弟になったのは人生最大の黒歴史さん)
http://washiblotomo.blog.fc2.com/blog-entry-219.html?sp&m2=res

そんな男と四六時中一緒に過ごすなんて常人には耐えられません。
いくらイボナメクジの熱狂的なファンであっても、大好きなイボりん先生に接近出来るチャンスが増えるからといって、あのモンスターを保護するのはなかなかの無理ゲーです。
「バケモンにはバケモンぶつけんだよ!」的な精神で、自分自身がモンスターにならなければ、共暮らしすることなど不可能なレベルです。

肉ちゃんはそんな高難易度な生活を送り続けているわけで、しかも門下生連中にはドロヘドロの高収入で左団扇暮らし、しかも肉ちゃんに惚れ抜いているヘドロが家事全般もやっていると思われ、超セレブで有閑マダムな生活を送っていると決めつけられているのですから本来ならば精神的にキツイ筈です。
しかし肉ちゃんがドロヘドロを凌駕するほどのモンスターであったのならば、話は別です。
ヘドロが大神官ハーゴンであるとしたら、肉ちゃんはシドーであると考えれば、すべての辻褄が合うのです。

90885534-302E-411F-A89B-B3883F584A45.jpg

ドロヘドロはイボナメクジを守護する為に召喚された使い魔のようなものですので、イボの為にその身を捧げ、イボを守ることが生き甲斐になっている程度の奴ですが、肉ちゃんは違います。
彼女には何かを守るという意思が皆無で、ひたすら破壊し尽くすことを目的に行動しているのです。
破壊そのものが生き甲斐である為、道場がどうなろうが知ったことではないのでしょう。
ですから平然とイボシンパの名を騙り、なりすましアカウントを作ってみせたり、ネット上に犯罪を予告するような書き込みをすることも出来るわけです。
肉ちゃんにとってはイボスタッフも道場門下生も破壊の対象なのです。

「総て燃えてしまえ みんな同じになれ 望み叶えたまえ 誰もが漂うみじめな灰に還れ」
肉ちゃんの破壊願望はヘドロが手懐けられるものではありません。

イボナメクジに接近する目的の為にドロヘドロというサッドモンスターと共に起き伏しすることを選択した激やばモンスター。
それが肉ちゃん。

そうして「師範代の嫁」になったところ、当時の設営隊長苔ナビに「師範代の嫁なのだから道場活動をもっと熱心にやりなさい」などと責め立てられ、「あの婆ァに姑の嫁いびりみたいなマネされてまで門弟なんかやってられねぇ」とヘドロに言い放ち、道場への参加を辞めた肉ちゃんにとっては道場も破壊対象であるのは言うまでもありません。

壇ミッツさん(葉月蓮さん)がまだ道場に参加していた頃には破壊神肉ちゃんと親交を深めていて、肉ちゃんの本性に気づいていなかった葉月さんは肉ちゃんとの友情を固く信じ、道場を辞めたあとも交流を続け、道場への違和感などもお互いに話し合える仲であると私に話しておりました。

その話を聞かされた時、私はどうにも腑に落ちなかったのですが、葉月さんとも肉ちゃんともほとんど面識もない私がそこに疑義を呈するのもおかしいので、このブログを始めた当初は肉ちゃんも道場の被害者として同情的に扱っていました。

しかし実際には肉ちゃんは単なるシドーなので、葉月さんとの友情も上辺だけのものであり、まるで内通者のように葉月さんが語る道場への不満について逐一ヘドロへ報告し、その結果としてイボの「なんで嫁?」ブログに繋がっていったのです。
肉ちゃんにとっては葉月蓮さんの人生を破壊するのも楽しみの一つであった次第でございます。

○○さんを「排除」したのはおかしいと、不思議なことに時浦の嫁に抗議してきたのだ? なんで、嫁? 当人は、時浦のブログで説明した通り、門弟間のメーリスの受信を3度も自ら拒否していたのだから、自ら去っていく意思なのだろうと、岸端も時浦も判断したのだろう。当然である。非常識なことは一切していない。

ヘドロ嫁(肉ちゃん)の友人(葉月蓮さん)はドロヘドロに抗議のメールを送信したわけではなく、まさに仲の良い友達である思っていた肉ちゃんに極私的な愚痴メールを送っただけのことなのです。
更にそのメールの内容について、肉ちゃんも共感を示す返信もしています。

802E4E26-2D00-4549-B680-96A0382BA0A0.jpg
B5BBE058-3E39-4B75-9729-50146EFC9F14.jpg
A8678003-68FF-4409-9AEA-20E839BC0827.jpg

先のリンク先のイボブログには「門弟間のメーリスの受信を3度も自ら拒否していたのだから、自ら去っていく意思なのだろう」とありますが、メールの受信拒否をしても、ホームへログインすればいつでもメーリングリストを見ることは可能です。
葉月さんがメール受信拒否した理由は、当時の全国推進隊長カリィ紅衛兵という馬鹿がまともな労働者では考えられないぐらいに四六時中メーリングリストに投稿しているせいでスマホのメール受信の通知音が鳴り止まない状態になり、それが非常に煩わしかった為に受信拒否設定にしただけの話です。
おそらくは、その設定にしている参加者は他にもいた筈でしょう。
それなのに、それを理由に門弟退会とは笑わせます。
それは表向きの理由に過ぎないことはもはや自明です。
私がこれまでブログに書いてきたことを読んでいる方々はイボナメクジに向かって「わしは何でも知っている」とニコ生でのイボナメクジのモノマネを披露したい気持ちなのではないでしょうか。

当時のメーリングリストに参加していらっしゃる門下生諸氏ならば覚えておいででしょうが、葉月さんがメーリングリストを外された時はいつものように事前の告知がありましたか?
事後報告ではありませんでしたか?
何故、その時だけは事後報告だったのでしょうか?

葉月さんがメーリングリストから外されることを事前に知ってしまった場合、報復措置としてイボナメクジがこれまで自分にしてきた事すべてをぶちまけるのではないかと恐れ、ヘドロに指示を出し、事前に告知するルールを無視して強制退会に踏み切ったのではないですか?
それゆえにドロヘドロは肉ちゃんから聞いた話を改変して公式サイトのブログにアップしたのでしょう。
まったく泥のような性格をしたヘドロのような性癖のドロヘドロはイボナメクジを守る為ならばどんな不正行為もしてみせます。
平然と泥を飲み、泥を被るヘドロは使い魔の鑑であるとも言えます。

一応断っておきますが、道場参加者を自己都合で排除するならば自由にしたら良いと私は思っています。
何故ならばそれは主催者の勝手なのですから。
しかし事実を曲げ、改変と捏造をするのはやはり批判しなくちゃいけないと善良な民である私は思うわけでございます。



この記事へのコメント

  • ライジング購読者 XYZ様へ

    XYZ様

    何故小林代表に師事(支持?)し、道場に参加しようというのかがわからないという話ですが、私なりに今の読者・関係者の性格をまとめると次のようになります。

    ⓵代表に依存し承認欲求を満たしつつ、ネットでイキりたい
    いわゆる信者タイプ。ライジングの過激派や現幹部門下生が
    該当。道場の目標やその達成よりも、代表を支持し、組織内での地位を得ることで特別な存在になるor代表を傘に着て
    周囲に威張ることが活動のメイン。とにかく代表という権威と組織への所属が拠り所なので、ひたすらに代表の言論を
    反復・追従しようとする。笹・泉美両師範もこれに該当?

    ②保守・右派としてのゴー宣支持者
    戦争論を中心に、歴史観・国際関係論・改憲論などで代表を
    支持しているタイプ。保守・右派思想を託せる論客として
    代表を支持していたケースが多く、著作もきちんと読み込んでいる真面目さもある。代表個人や組織というよりも、思想・理念を支持しているため、女性天皇問題のように意見が違ったり、不真面目なスキャンダルを運営が起こした場合は
    批判的態度を示す。例としては牛タンメガネ氏やぼそぼそと苦言を呈しておく氏のような方。

    ③論客・漫画家としての代表に関心を持つライトな支持者
    &ネット言論などで個々のテーマに関心を持った人。
     ゴー宣よりも、おぼっちゃまくんやAKBなどから代表に
    興味を持ったタイプ。「あの人は今言論で何を離してるんだろう」「時事問題で自分の意見を代弁してくれた」ということから興味を持つ。功利的に代表の言論・道場活動を評価し距離を取りつつ支持する者と、運動にのめり込んでいくタイプにわかれるポジション。新規の道場参加者の多くが該当。
    2020年10月03日 02:10
  • XYZ

    ドロヘドロは道場告知ブログで、門下生のコメントを紹介していますが、どこかの宗教勧誘のようなブログを恥ずかしげもなく上げています。

    ドロヘドロの陰湿で、皮肉たっぷりで、攻撃的な粘着ブログを見ていると、イボナメクジ道場はやばい所だな、関わったらまずいなと分かります。

    イボナメクジ道場に参加する人はなぜイボナメクジを師事し、参加しようと思うのでしょうか?

    理解不能、理解不能です。
    2020年09月30日 21:54