1コメント

泉美木蘭の嘆き

最低辺門下生エセただしは《どんなに長くなっても構いません。小林先生と泉美先生だと信用しない根拠をご説明ください。》と挑発をしておきながら、それを受けてしっかりと根拠を示して説明するずっブロさんに向かって、《アンチの常套手段、物量攻撃ですね。まともに議論をしては太刀打ち出来ないので、大量のツイートを一方的に送り付けて、なし崩し的に終わらせたいのですよね。》などと言って嘲笑してみせるのです。
イボシンパとはこのような不誠実な態度を取る連中であることを記憶しておきましょう。


DBF64A1D-E033-4899-9C50-BF934F27E445.jpg
CA61A72B-3EDE-4CD8-87FB-7010EC9FBE2B.jpg

7BF7FAB4-4E64-4263-A86E-6D70F29A5422.jpg
https://twitter.com/tpwcvtgyqntdirb/status/1316479247570018304?s=21

上リンクを開いて貰ったら分かると思いますが、エセただしに「根拠を示せ」と言われたからずっブロさんはそれを示してみせたにも関わらず、その文章をちゃんと目を通したとは思えないような態度で誠実な人を小馬鹿にするのです。
こんなクズは実社会ではなかなかお目にかかれませんが、イボ道場周辺にはこんな奴しかいません。
餅アナゴしかり、尻穴屋しかり、肉ちゃんしかり、イカ草夫しかり、ビビゾネスめた子しかり、ゲロ坊主しかり、ドロヘドロしかり、イボナメクジしかりです。

エセただしはTwitterでのリプライをどういう意図があるのか知りませんが。折角対話として繋がっているツリーを断ち切り、別々にリプライを飛ばします。
そのことについては壇ミッツさん(葉月蓮)も指摘していますが、それをすることによりやりとりをしている当事者以外は会話を追うのが困難になり、のちに振り返ってもすべてを追いきれなくなります。

435B90EC-66B4-437F-BE96-654B9F80EC2D.jpg

意図してのことなのかはわかりませんが、実に姑息な工作をするものだと呆れます。

エセただしが姑息なクズであるのは所詮最低辺だからであって、他のイボ読者は真っ当な論客揃いであると抗弁するシンパがいるかもしれませんので先んじて指摘しておきますが、そんなことはまったくありません。

道場門下生の頂点に君臨する幹部連中もとんでもない姑息なクズしかいません。
その上、エセただし同様に振る舞いの気持ちの悪さは他のカルト集団の追随を許しません。

道場師範であるエキノコックスがかつて「ライジングコメント欄の気持ちの悪い奴らの投稿を読んでいると目眩がしてくる」と愚痴をこぼしながらもイボナメクジに寄生している手前、それを読まないわけにはいかなかったようですが、その気持ちの悪い奴らの中には今や門下生幹部にまでなっているズリセン弾き(仮名)も含まれます。

ズリセン弾きは毎回のようにエキノコックスのルックスを含めて大絶賛するコメントを投稿しており、それがエキノコックス本人にしてみれば気持ち悪くて仕方がないのでしょうが、やはりイボの顔色を窺い、強く拒絶することが出来ないようです。
まあ、そんなところに寄生している本人の責任であるのですから正直まったく同情は出来ません。

ズリセン弾きはエキノコックスが拒絶しないのを良いことにじわじわと距離を縮め、道場開催日などは異様に接近して馴れ馴れしく話しかけているようで、さすがのエキノコックスも何とかそのじゃれつきをやめさせようと、やんわりとブログで牽制しました。

それから、最後にひとつ反省。
昨日、打ち上げの席で、S氏から、スマホで写真を見せられて、「関門海峡の橋なんですよ」と言われたので、なんで橋の写真を見せるんだろう? と不思議に思っていたら、そこに車が写っていたので、ああ、新しい車を買いましたという話をしたいのかと思って、反射神経で「ああ、車か~」と言ったら、ドン引きされてしまった。

反省などと自分を落として書いていますが、要するに「気のある女に新車自慢するなんてクソだせぇマネしてくれんじゃねぇ」と言っているわけです。
しかも、それを本人には直接伝えずにブログで晒す形を取ったことで、距離を取るようにすることを促しているのでしょう。
しかし、そんな迂遠なやり方をしても、自惚れたマヌケであるズリセン弾きに伝わるわけがありません。
「おっと、拙者とのやりとりをブログに書くなんてカワイイ奴でござるな。こりゃますます接触してブログネタを提供してやらなきゃいけないでござるよ。ニンニン」としか思わないでしょう。
事実、ズリセン弾きはこのエキノコックスの嘆きのあとも変わらず気持ちの悪いコメントをエキノコックスに寄せています。

嵐を呼ぶカワイイもくれん先生

このように道場門下生幹部もエセただしと同類なのですから、その知性のレベルがどの程度のものか知れるというものでしょう。

この記事へのコメント

  • とーほくどー

    https://www.gosen-dojo.com/blog/28470/

    「嵐を呼ぶ質疑応答」等とそれっぽいこと抜かしてますが、なんのことはない、事前検閲で不都合なコメントは削除ずみで「公論」と同様の「八百長」です。証拠のスクショをメールの方に送って置きます。
    しかし自分が参加していたころは第二部の質疑応答は挙手制の完全アドリブだったのでまだ「議論」の形は残っていましたけどね。
    2020年10月19日 17:44