0コメント

小林よしのり信者のセカンドレイプ

デマを撒き散らしながら言い逃れに終始するエセただしについて話を続けましょう。
エセただしは壇ミッツさん(葉月蓮@hazuki_len)へ向かって、情けないネカマさんですねと断言しました。
DA8CA754-E371-4702-9AA4-FAA1CDCE1918.jpg

公然と断言した以上、壇ミッツさんが女になりすました男である確証を得ているのでしょう。
ならば、その証拠を是非とも提示してもらいたいものですが、そんなことはエセただしには出来ません。
何故ならそれは思いつきのデマであるからです。
世間に公開されている場所で平然とデマを飛ばすのがイボシンパ共通の特徴です。

この発言について当然、壇ミッツさんは抗議をしました。
DB0039F1-ED51-4CCA-A83D-EC4BA34C8CC1.jpg

小林よしのり信者のセカンドレイプ。
この壇ミッツさんからの抗議に対して、エセただしはセカンドレイプですか。何事も大仰ですね。あなたの文章を読んでいて、男だと思いました。と返しました。
確かに、ネカマというデマがセカンドレイプに当たるのかというと疑問符がつきます。
セカンドレイプは重い言葉なので扱い方は慎重であるべきではありますが、壇ミッツさんがエセただしの言動をセカンドレイプと呼ぶのには理由があります。
その理由について後段で述べますが、エセただしが壇ミッツさんを男だと決めつけた理由についてまずは触れておきましょう。

エセただしは壇ミッツさんの文体から男だと思い込んだのだというのです。
つまり壇ミッツさんの文章を「男っぽい」と判断し、男っぽい文章を書くのだから男であると断定したわけです。
ならば、女っぽい文章とはどのようなものなのでしょうか?
「わたくし女の子ですわよ、ごめんあそばせ」というような「たおやか」で「おしとやか」な文章で返信していれば男であると誤認しなかったのでしょうか。
サスガはエセただしクンは女心が分かっていらっしゃる!
7A6CDD80-C2EF-4E51-AEBE-F6824D543D4F.jpg


さて、では壇ミッツさんがエセただしの言動をセカンドレイプと批判した事情を説明しましょう。
壇ミッツさんは去年の6月にTwitterを始めたのですが、そのキッカケがエセただしによるセカンドレイプであったのです。
その際、壇ミッツさんは私が付けたアダ名のまま「壇ミッツ」を名乗り、告発ツイートをしていたのですが、私が付けたアダ名があまりにふざけきっている為に深刻さが伝わらないのではないかと考えた彼女がアカウント名を葉月蓮に変更したのです。

それはともかく、壇ミッツさんがTwitterで自ら告発すると決意させたエセただしによるセカンドレイプを振り返ってみましょう。

FCFC68DC-8A08-4CF7-A673-9B97F2F965E3.jpg
3E5E097F-DAEA-4898-9B20-5A5659B7335F.jpg

02EA159F-8EC8-4792-A7C6-E0D4BBF3C8EE.jpg

当時の告発ブログのコメント欄にエセただしが投稿したことについて、Twitterにて報告したところ、エセただしから返信が届きました。

ジョーカーを気取っているのでしょうか? はっきり言って全然カッコ良くないですよ!!! どうしました?! 1度や2度や3度の挫折くらい、どうだって言うんですか??! カッコ悪く生きて、どうするんですか!!!

このような意味不明なリプライを送られ、私は正直呆れてしまいましたが、このあとに私は告発ブログについての説明を始め、それを受けてエセただしはひたすら被害女性である壇ミッツさんを侮辱し倒したのです。

そのやりとりについてはまたあとで説明することにいたしましょう。

この記事へのコメント