1コメント

言い逃れに終始するゴー宣読者

Twitterにて、エセただしから届くリプライが、文章として稚拙すぎて意味を理解するのに難儀しています。
ニセただしがまた事実無根の印象操作を行っていましたね。私が、いつ疑問を投げ付け(掛け?)ましたか。
私は疑問にこそ思いましたが、それをあなたに投げ付けて…もとい、投げ掛けてなどいませんよ。とリプライしてきたのですが、この文章がまったく理解が出来ません。

疑問に思ったことを私に返信してきているのに、「いつ疑問を投げかけていない」と言っているのですから唖然とします。
エセただしは「疑問」という言葉の意味も知らずに使っているのです。さすがは50歳児です。
で、私は次のように返しました。

驚いたことに君は「疑問」という言葉の意味も知らないようだね。まさか「疑問」の意味を説明しなけりゃならないのか?
しかも頭の中で思っていただけなら君の言い分も分かるが私に返信する形で書いているのだから、まさしく投げつけているだろう? 

これに対してエセただしは返信する形で書くと、投げつけている事になるのですか。変な決まりですね。と言い、「疑問」についての理解しているのかいないのか答えないのでした。

私は疑問を返信していることについて話しているのであって、それが「投げかけ」だろうが「投げつけ」だろうがどっちでも良いことです。
「投げつけられた」と思ったのは受け取り側の意識の問題であり、エセたたしが「投げつけた」つもりはないかは問題ではありません。
事実として、エセただしは疑問を私に返信したのですからそれは決して否定出来ないでしょう。

ですから私は疑問に思うことをこちらに返信しているのだから、投げかけ(投げつけ)ているということだよな。

単なる独り言なら返信(リプライ)を飛ばすのはおかしいだろう?

それを指摘したことのどこが印象操作なのか説明プリーズ。と、説明を求めました。

それに対するエセただしの返信は何のルールですか。“ツッコミ”って、知りませんか?と返してきました。

要するにお前のボケにツッコミを入れただけだと言いたいのでしょうが、それ以前に「疑問に思った」と書いているのですから、私の意見について問い質していた事実は消せません。
言い逃れのためのちゃぶ台返しほどブザマなものはありませんね。
そして印象操作についても答えていません。
疑問の件も印象操作の件も一切応えず煙に巻こうとしているのです。
さすがはイボ道場に入れ込んでいるクズなだけはありす。

私はこのクズただしへ次の問い詰めました。
どんなルールも何もこの一般社会では、自分が疑問に思ったことを相手に返信した以上、相手がその問いに回答してくるのは普通のことだろう。
人に疑問をぶつけておいて、その答えが自分にとって都合が悪いとはぐらかすのか?

これに対する回答はまだ得ていませんが、私は追及し続けようと思います。

エセただしからは他にもまだリプライが飛んできているので人の一つ丁寧に紹介していきたいと思います。

4F505B78-F3F0-452E-8312-B4EF4DD0A0DF.jpg

このブログについての批判や反論、道場についての情報提供は本ブログコメント欄以外でも受け付けていますので遠慮せずにご利用ください。

イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com

FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

https://twitter.com/washiotomokiti

この記事へのコメント

  • XYZ

    エセただしさんのツイートを見れば、豪宣道場に入れ込む人間がどれだけ普通じゃないかがよく分かる。
    鷲尾さんは豪宣道場の異様さを知らしめるサンプリングとして、エセただしさんと絡んでいる。

    それが分からず、「アンチと闘い高揚している俺」に浸っているエセただしさんには掛ける言葉が見当たらない。

    バカを放置する危機意識の無さは、やはりバカが運営する団体なのだろう。
    2020年10月21日 19:48