1コメント

アイヌと香山リカと時浦くん

さて、当方ブログにてこれまで紹介してきたイボ道場による香山リカ叩きについて取り上げていきましょう。
イボナメクジの忠実なるアシスタントであるドロヘドロが以前に素晴らしい正論をブログに書いていましたので紹介します。

20FF0C5A-30A6-46C8-8D77-DF8BB130776F.jpg
人が言ってもいない発言を捏造して相手の名誉を棄損する。自分に都合の悪いことは、紛れもない事実でも「なかったこと」にする。》

なんて正論なのでしょうか。あまりの正論に感涙に咽びそうになります。
しかし、ドロヘドロはその発言をイボナメクジに向けて言っているのではないのです。
イボナメクジは私の妻がやってもいないことを捏造して、妻の名誉を毀損しました。
更に、自分が主催している道場に参加していた女性門弟に対して、代表師範という立場を利用してホテルに誘い込んだという紛れもない事実、発覚すると都合の悪い事実、それをなかったことにしているのです。

私の妻を中傷した動画を未だに削除しないイボナメクジは、まさに《もう言論人ではなく、嘘も100回言えば本当になると思っているデマゴーグ》でしかありません。
《こんな奴がこれ以上言論に関わっていたら、言論は死んでしまうということを、メディア関係者はもっと真面目に考えてほしいものです。》と、ドロヘドロは香山リカさんを批判していますが、その批判はイボナメクジに熨斗をつけて返してあげます。


先日当ブログで紹介した、ツイッターの「殺害予告」の件ですが、門下生S氏が抗議文を送ったところ、何度かのやり取りの後に、小林先生に渡して欲しいとメールで謝罪文を託されたということで、それがよしりん企画に転送されてきました。

私のブログ記事について名誉毀損をチラつかせて脅迫してきた門下生S氏がいましたが、このヘドロブログで紹介している人と同一人物でしょうか?

もしそうだとしたら、いわゆる厄介な人に絡まれたと思って早々に謝罪して済ませてしまおうとする人の気持ちも理解が出来ます。
ともあれ、ツイッターで「殺害予告」をした人物が謝罪したとヘドロがブログに書いていて、《ともかく、この件はこれで終了です。》などとまるで寛容な処置を取っているかのような幕引きをしましたが、そもそもその人物のツイートが「殺害予告」というほど大層なシロモノではなかったと個人的には思います。
更にその謝罪した人物と香山リカ氏が通じていたか否かを曖昧にしたままにするのはいかがなものでしょうか。
ヘドロはブログにまるで香山リカ氏がこの人物の殺害予告を容認しているかのように書いていました。
つまり香山リカは犯罪者を擁していると言っていたわけです。

これで一層、香山リカやそのシンパのヤバさが明らかになったような気がします。こいつらは、公平・平等を唱えながら、論敵のいうことをとことんねじ曲げ、でっち上げ、挙句の果ては、こいつを殺せと言い出すのです。
(ちなみに、ヘドロに報告をくれたというアカウントは今は凍結されていますが、ヘドロの裏垢疑惑があったアカウントであるところも肝です)

仮に殺害予告なるものをした人物が香山リカのシンパであったとして、それがイコール香山リカのヤバさが明らかになると判断したのは何故でしょうか?
イボナメクジは自分の著作に影響を受けたネトウヨと呼ばれる連中について、自分には一切の責任はないと主張していたと思うのですが、香山リカのツイートを引用リツイートしただけの奴の発言をもって、何故に香山リカのヤバさが明らかになるのでしょう?
本当に整合性のとれない発言を繰り返すドロヘドロって、馬鹿と評するしかない馬鹿ですね。


ツイッターで「小林よしのり予告」をした「思索工房読書会」ですが、その事実を昨日当ブログに書いたら、どうやらその日のうちにツイッターのアカウントが消されてしまったようです。
香山は「アイヌを『民族』と認めない者は、半殺しにされてもいい」と言っているに等しいし、実際、そう思っているようにしか見えないのですが。

あるTwitterアカウントがイボナメクジに対して暴力行為に及ぶことを示唆するようなツイートをしているそうなのですが、そのアカウントに対して香山リカはその発言を一切諫めることなく返信しているらしく、そのことについて、ドロヘドロは改めて驚かされたそうです。
そして、香山は「アイヌを『民族』と認めない者は、半殺しにされてもいい」と言っているに等しいし、実際、そう思っているようにしか見えないと一気に飛躍したことを言い出すありさまです。
香山リカがイボ発言を要約しただけで、「そんな発言はしていない!」といきり立っていたクセに自分は要約ですらないまったく一言も言ってもいない香山発言を捏造した上で批判するのですから呆れます。

更にヘドロの理屈でいけば、アイヌ差別を繰り返すイボ読者のアカウントと相互フォローし、更にその差別者のツイートを何度もリツイートしているドロヘドロも「アイヌの遺骨を出汁にラーメンを作りたい」と言っているに等しいし、実際にそう思っていると見做して良いわけですね?

0A6B2C68-6225-4773-A28E-BC3CE5D37060.jpg
7C9F5C75-4EFF-4AFE-B913-CA13175A9099.jpg
BC454E9B-9BF4-4A97-A905-369B814574BC.jpg
926B868A-84BD-42EE-97F9-12A903BEBD5C.jpg
5CEF05A0-8BDB-4103-86DA-C6CD9F7C9FDE.jpg

ドロヘドロはこのような異様な発言を一切諌めることなく、そのアカウントのツイートを何度となくリツイートしている事実はどう説明するのでしょうか?
相互フォローしているイボナメクジ支持者とはいえ、そいつの個人的な発言の責任を負う必要はないなどというダブルスタンダードで言い逃れするつもりなのでしょうか?
しかもドロヘドロだけではなく、イボ道場の門下生である公論マニアたちは揃って、このアカウントと相互フォローしていて、ツイッター上で会話を交わしているのですが、その誰一人として一連のツイートに対して批判どころか、苦言も呈していないのですから《改めて驚かされます。》
ドロヘドロの理論でいけば、公論道場の連中全員が、そのアカウントと同じ考えを持っているのだと判断して良いのでしょうし、《実際、そう思っているようにしか見えないのですが。》

43CD5229-503A-4644-A245-90F2F806790E.jpg
ドロヘドロに「殺害予告」ツイートなどの報告をしていたアカウントですが、先程申しました通り、現在は凍結されているのですが、ヘドロの裏垢疑惑もあったわけで、その裏垢が本垢に情報提供をするって、それはいわゆる自作自演というやつじゃ…。

と、このようにドロヘドロは一方的に香山リカさんがまるで脅迫の教唆や幇助をしているかのように道場内部のマヌケたちに刷り込み、勝手に幕引きを図り、ツッコミを入れられる前に遁走するのです。
イボと対立している人物について、事実かどうかも怪しい憶測で誹謗中傷し、その悪評を信じ込んだイボシンパがイボの論敵へと攻撃を仕掛けるように仕向けるパターンを何度となく繰り返しているのですから極めて悪質性が高いと言わざるを得ません。

香山リカは自分を大物だと思っており、時浦くんを小物と思っているらしい。》言っておくが、時浦は相当の頭脳を持つ人材である。だからわしは絵を描くより、むしろブレインとして重宝している。》

さて、その有能なドロヘドロは香山リカに小物扱いされたことを根に持って、頭脳が腐り切ったような駄文を連投しておりました。

誰の意見だろうと、正しいなら正しい、間違ってたら間違っていると言えばいいだけのことだと思いますが。》都合の悪いことを言われたらすぐにヘンテコなルールを勝手に設定して相手の発言を制限しようとする行為は、今までサヨク言論人とよしりん先生の論戦で、腐るほど見てきたんですけどねえ…。》

香山リカという人はバカ親に甘やかされまくって育ち、何をしても叱られたことがなかったために、根拠もなく自分は偉いと思い上がり、都合が悪いことがあると、適当に嘘をつきまくれば何でも許してもらえるものと、世の中をナメきったまま無駄に歳だけとったクソガキ・54歳児としか私には思えません。》

私に対しても、あれだけナメきった、失礼な対応を繰り返してきたくせに、スタッフなら批判するなというのです。医者も教授もありゃしません。私は、香山リカが人としておかしいから批判しているのです!! 香山のスタッフでも誰でも、批判に理があれば納得するとよしりん先生はいいます。真理が知りたいだけなのですから。》

イボナメクジは私の批判や告発について、「基地外のウルトラアンチの妄言」と罵倒するだけで、まともに反論していません。

たとえ私が小物であったとしても真理探究とやらのためにも堂々と挑んで来て下さい。

都合が悪いことがあると、適当に嘘をつきまくれば何でも許してもらえるものと、世の中をナメきったまま無駄に歳だけとったナメクジではないのならば、真実に向き合うべきなのではないでしょうか?




ドロヘドロは香山リカさん以外にも古谷経衡さんへも因縁を吹っかけておりましたので、そちらについても再度取り上げてゆきたいとおもうのですが、Twitter上で、或る珍妙なイボ読者から私のブログについて意見をしておりましたので、次回はその件について語らせていただきたいと思います。

この記事へのコメント

  • ドロヘドロが有能であるならば、イボりん企画の専務にしてあげればいいのだけど。
    彼は無能だからね。
    道場では有名な裏話。
    2020年10月31日 14:20