0コメント

小林よしのりのステルシング

昨日はよしりん信者を自称する方が、トンチキなコメントを寄せており、それがあまりにトンチキ過ぎるのでスルーしても良いと思うのですが、優しい私はちゃんとブログに取り上げてあげようと思います。
しかし、それよりも先に紹介すべきコメントがありますので、そちらを優先させていただきます。

よしりん先生の前回担当分、全文が『「新型コロナ死亡者数=新型コロナが死因の死者数」ではないことに注意せよ(小林よしのり)のタイトルで、Yahoo!ニュースに配信されました。
そして、注目すべきはこの記事に寄せられたコメントです!
賛同する意見が圧倒的!! これは、潮目が変わり始めて来たのかもしれません。

ドロヘドロは「ヤフコメ」からの賛同を取り上げて、歓喜し、世間の潮目が変わると息巻いていますが、イボ道場の名探偵であるエキノコックス師範が以前にあげていたブログを紹介しましょう。

私は個人的にヤフコメは閉鎖したほうがいいと思っているけど、差別や罵詈雑言やカルトの呪文を書き込みたいネトウヨがたくさんいて、それが、Yahoo!ニュースのアクセス数を押し上げているわけです。
Yahoo!ニュースはタコツボ・フジツボ製造機の役割を果たしてしまっているんじゃないかと思っています。

おやおや、ヘドロ君、言われちゃってますよ!
ヤフコメはネトウヨのタコツボなんですって!
そんなタコツボのカルトの呪文の賛同に歓喜して、潮目が変わるとはしゃいで大丈夫?

というか、ヘドロ自身も以前には似たようなブログをあげていましたよね。

ヤフコメって、システム代えて正常化したといわれてたけど、全然ネトウヨの巣窟のまんまじゃないの。それとも、世間一般の人の感性がここまで劣化しているのか?

ヤフコメって劣化した感情の表出なのですよね。
それが今回のコロナ禍でも顕著になっているだけの話のようです。

何しろヤフコメはネトウヨの吹き溜まり

しかし、イボナメクジは遂に「ネトウヨの吹き溜まり」に活路を見出さねばならなくなったようで、いわゆる原点回帰ってことでしょうか?

さて、そんな反防疫思考「ネトウヨ」の反知性的でありまた人の心を失ったようなコメントと比較するのも失礼な話ではありますが、ずっブロさん宛てに届いた悲痛な叫びを以下に紹介します。

私のTwitterにご自分の現状や思いを吐露して下さったので紹介させてください。
(このブログも見てくださったようです)
まだ小さいお子様がいながら癌などの病気を抱え闘病中の方の生の声です。

初めまして。
私は以前は小林よしのりファン? でしたが、少しずつ疑問が生じて今は距離とっている者です。
小林氏がズルイのは「基礎疾患のある人」も感染重篤化のリスク高いと言いながら次の瞬間に「基礎疾患のある高齢者」と言って話をずらす事です。
「老人だけ気をつければいい」と声高に言います。
そして「基礎疾患のある人はもともとの寿命が短くなっただけ」の一言に哀しみと怒りが起きました。

私は膠原病+癌で化学療法中で手術も控えています。
今は免疫細胞減少で人混み避けて行動してます。
子どものリクエストで行った鬼滅コラボの回転寿司は満員で入口は待機中の人で溢れていました。
以降、外食もしてません。
goto travel、goto eat は活用できず医療費ばかりかさみます。そこにきての小林氏の発言。
全ての疾患持ちがそうではないでしょうが、ただでさえ闘病中で精神的にまいってる人(がん患者の4割に鬱症状ありと言われてます)に鞭打つような無神経さに腹が立ちました。
マスクをみんながしているから私ある程度安心して通院も外出もできるのに。
マスク不要者が増えてコロナ感染者増えて私がコロナに感染して肺炎おこして何かあっても寿命だったと?
小林氏はぜひ、私の子どもの前でマスク不要の論理的説明をしてほしいです。
つい感情的なリプライしてすみませんでした。


全く感情的などではなく、人として当然の思いです。
イボ達は自分がどれだけ無神経で残酷な言論を展開しているか思い知るべきでしょう。
リスク群は高齢者だけでは当然ありません(㍋㌧コインさんがいつも指摘されていました)。
子供を残して死にたくないという強い望みを今のコロナ禍で余計な危険に晒され、ますます不安を抱えて過ごしている人がたくさんいる。
イボやその手の言論に感化された馬鹿達が思っているよりずっと多くいるのです。このブログをチェックしているシンパ達はよく読んで考えてください。
イボのような「コロナで死ぬのは老人の矜持。老人しか死なない病気で若者や社会の活力を奪うな。死にたくない奴が家に籠ってろ」という主張は「籠る人がいることが前提」である時点で完全に破綻しています。

『自粛する人が一定数いて経済が完全回復できるわけがない。消費は人がするのだから』

こんな単純なことが分からない馬鹿が多すぎです。
高齢者だろうが若者だろうが基礎疾患があろうがなんの迷いもなく外出し、買い物をし、満員の飲食店で心おきなく外食ができる状態にしなければ経済も回らないし、いつまでもコロナ対策がついて回り社会の活力が失われるのです。
東・東南アジアの多くの国々はファクターXを存分に活かしてほぼ収束させ、PCRを受けて出国すれば検疫免除の経済交流まで再開しています。
日本は検疫を義務付けられ、タイには11月から特別ビザ所有者でも入国禁止にされました。疫病を放置などするからです。これもスウェーデンの実態により前から指摘していたことです。
経済低迷を長引かせ、収入減や失業、倒産を増加させた責任は、間違いなくイボのような言論を展開し、安易なコロナ楽観論をばら撒き、目先の経済回復を目論んだ側にあります。
折角の自粛の成果である感染減を死守することを、検査を抑制させ、小規模介入をも批判し潰して、みすみす全国蔓延を許した。
そんな側が、経済低迷や自殺者の増加を憂えてみせることこそ『放火魔が自分の放火した火事を見て大騒ぎしている』というのです。玉川氏に吐いたヘドロの言葉は自分たちのことです。よく鏡を見てください。

この方の文章を読んでもイボは恐らく「ワシは『いつ死んでもよかとよ』と言われて育って克服して強くなったのだ。この世は無情だ。それに耐えられん奴の抗議など弱者のルサンチマンだ」とでも思うのでしょう。
しかし前にも指摘しましたが、自分の受けた苦しみを他人も味わうべきと思い、苦しみを与えようとするような奴は克服などしておらず強くもないのです。
人の心が分からず育ったことをイボやヘドロは自覚してください。
公論を語る資格がそもそもないのです。

イボの科学を信じるような馬鹿には分からないでしょうが、新型コロナはまだ日本であってもインフル以下の弱毒性ではありません。
リスクのある人も含めて安心できる方法を考えるのが公論でしょう。
そしてコロナでは、まさにそれを目指し実践した国が今笑って大手を振って経済を回しています。スウェーデンや日本がこのままで笑うことはありません。
経済が回復するはずのない方法をとって「ケイザイガー」と真顔で必死で叫んでいる馬鹿だらけです。

1月9日にそんな馬鹿ばかりで集まって、傷を舐めあって何の解決にもならないおしゃべりをする予定のようですが、現実に目を背けずぜひ『リスク群含め国民全員が経済活動できるようにするにはどうすべきか』
を議題にして下さい。それこそが真のコロナ禍終了作戦です。
自分達の浅薄な言論の落とし前をつけない限り、コロナ論以下は世を危険に晒した害毒本として後世に延々語り継ぐべきでしょう。(ずっとゴー宣道場ブログ読んでましたさん)

イボナメクジは反知性であるだけではなく、人としての情理にも欠けているのです。

イボは週刊誌連載の中で、マスクが飛沫を7割抑えられることについて、わざわざ3割抑えられていないと強調して、「やっぱりマスクって完璧じゃないじゃん!」と言い、「その程度なら苦しいからしたくないという他者の個人の自由を侵害すべきではない」と結論づけています。

2BF20FAB-3D98-4971-A5E1-48644F734BA6.jpg
9D48817D-FD9D-4979-B63A-DF2A88C32597.jpg

さすがはステルシング男イボナメクジ 。
性的奉仕を強要しただけではなく、その相手の同意もなく避妊具をつけずに行為に及ぶという強姦をしたのも、コンドームを付けても100パー避妊出来るわけではないから、その程度なら気持ち良くないからしたくないという野郎の個人の自由を尊重するという一貫した思想があってのことだったわけですね。
最低最悪のクズ野郎極まれりです。

この記事へのコメント