1コメント

倉持仁氏は覚悟すべきか?

わしのように常に少数派になるのは「逆張り」ではなくて、ただ単に「王様は裸だ」と言い続けてるだけだ。世の中が常に狂っているだけのことだ。

「世の中全体が狂っていて、自分たちだけが正しい」という主張はオウム真理教をはじめとしたカルト教団の常套句です。
そんな妄想に取り憑かれた連中にはもはや常識的な判断など期待出来ません。

イボナメクジは次のように言います。

倉持仁が嫌がらせ受けてることに、番組が全力で同情していたが、視聴率10%超の番組での発言にどれだけ影響力があるか考えたことがあるのか? 小林よしのりなんて、これまで誹謗中傷、殺人予告、暗殺計画と、どれだけの圧力を受けて言論してきたことか。
「自粛しろ」という主張は、「失業しろ」という言論であり、「自殺しろ」という言論なんだ。自分が殺される覚悟で言うしかあるまい。

医者が専門知識に基づいた見解をワイドショーで発言するのに恐るべき覚悟を要求するイボナメクジ。
これは専門家に対して意見を言うなと言っているのに等しい主張です。
この主張が通るならば、気に入らない意見を言う者はいくら脅迫しても良いということになります。
そんな馬鹿な話はないでしょう。
それは人々が得たい情報を奪う主張でもあります。

自分が圧力を受けたから他の奴も同じような目に遭ってしかるべきというイボナメクジ。
イボは自分が体罰を受けても耐えてきたから今の子供たちも児童虐待されても文句を言うなというのでしょうか?
私はイボナメクジの言論には批判的ではありますが、だからといって犯罪被害に遭えば良いなどとは思いませんし、新型コロナに罹患すれば良いなどとも思いません。
もちろんイボへの誹謗中傷もしませんし、脅迫なんて以ての外です。
但し、きっちりと批判すべきは批判しますし、告発すべき事については声をあげ続けさせていただきます。

しかしイボナメクジはやはり誹謗中傷や脅迫を肯定してきましたか。
それもその筈、イボ自身がネットの生放送で無名の一般人に過ぎない私たち夫婦に対してデマを流して誹謗中傷しましたし、自分のシンパをけしかけ、私の自宅住所を突き止めたと脅迫してきましたものね。

2018年8月21日火曜日の夜、イボナメクジ師範は自らのネット番組を放送しました。
聞き手役にはエキノコックス師範を立たせ、愚にもつかない政治談義をしたその放送中に、イボナメクジは何故か私と私の妻について言及しました。放送も終わりに差し掛かった頃、イボナメクジは私の妻に対して誹謗中傷を繰り返し始めたのです。

告発者の住所を突き止める道場

門下生の中には、もう住所は突き止めたという者までいる。


さて、イボナメクジは今回のブログの冒頭に《とうとうマスクしなけりゃ逮捕される社会になった。どんどん全体主義が加速している。》と書いていますが、例えば自動車のシートベルトの取り締まりで警察に止められた人が「従いたくない」などといつまでもゴネていたら逮捕されることもありますが、これも全体主義の加速ですか?


この記事へのコメント

  • バビル3世

    倉持仁医師擁護と卑怯な批判封じ (ゴー宣ネット道場)
    https://www.gosen-dojo.com/blog/29695/
    「われわれモーニングショーを批判するような奴は
    モーニングショーのせいでコロナが増えたと主張するような
    おかしな連中だ」ということにしようと
    印象操作を図ったわけです。」

    小林尊師の「似顔絵を描いて徹底的にバカにする印象操作」は
    OKなのかな?
    あれほどわかりやすい印象操作はないと思うのだが。
    2021年01月20日 17:48