1コメント

脅迫ツイートについての素朴な疑問

本当に素朴な疑問なんですが、イボナメクジ自身が道場開催日にわざわざ「警察に届ける」とブログに書き、道場開始直前に運営責任者が脅迫ツイートのスクショを晒した上で「警察に通報した」と報告しておきながら、その後どうなったのか一切語らず、ライジングコメント欄にてゲスト名義でそのことを指摘している方がいても、回答することもなくただ削除して無視している道場サイドの対応について、門下生やライジング読者などのイボシンパの皆さんはどのように受け止めているのでしょうか。

2A0E0495-AFE9-444A-B484-2456DBCFA247.jpg
7AB3AD99-957B-4A01-B42E-D3D37B518A49.jpg

普通に考えれば、脅迫されたのは道場側であるのですから、とことん追及して犯人を逮捕しようとの声が上がるものなのではないでしょうか。
であるにも関わらず、ドロヘドロはそのことを指摘しているコメントを購読者の目に触れないように必死に削除して、読者は読者で、そのヘドロの行為に疑問も抱かずに配慮して、脅迫ツイートの件をタブー化して誰も意見しないのは異様すぎるでしょう。
まるで、脅迫ツイートをした犯人が逮捕されることは道場側にとって不都合であることを理解しているようです。

もしかして、ライジング購読者や道場門下生は件の脅迫が道場側の狂言であると分かった上で道場を支持しているのでしょうか?
もしそうであるのならば、危険なカルト団体であると見なされても仕方がないのではないでしょうか?

本来ならば、読者や門下生こそが、脅迫ツイートについてコメント欄で批判し、更にツイッターで話題にし、警察にしっかりとした対応を求めるべきなのではないでしょうか。
どうして、それが出来ないのでしょう。
実に不可解です。

イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com


FC2ブログコメント欄

TwitterのDMでも受け付けています。

この記事へのコメント

  • XYZ

    犯人が捕まらない限り、今後もゴーセン道場は、日本刀かトカレフを所持したイカレ野郎に襲撃されるリスクを背負っているわけで

    これを放置するのはゴーセン道場の危機意識の欠如に他ならない

    警備には合気道、ブラジリアン柔術の猛者がいる?
    銃を持った人間相手に闘えるわけない
    バカも休み休み言え

    イボナメクジに告ぐ!
    被害者が出てからでは遅いのだよ
    警察に対し、イカレサイコパス野郎の検挙を必死に訴えるべきだろう
    2021年02月21日 22:58