0コメント

皇室を八つ墓村呼ばわりする小林よしのり

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが、婚約が内定している小室圭さんと年内にも結婚される方向で調整が進められていることがわかりました。婚約や結婚に伴う儀式は行われない見通しです。
一般の結納にあたる「納采の儀」や、天皇皇后両陛下にお別れのあいさつをする「朝見の儀」など、女性皇族の婚約や結婚に伴う皇居・宮殿での儀式は、すべて行われない見通しだということです。
皇室を離れる際に支給される一時金についても、眞子さまは、受け取らないという意向を示されているということです。

眞子内親王の年内結婚が確定しましたが、その内容はこれまで女性誌などが報じていたゴシップ記事と完全一致しており、要するに宮内庁からのリークを元に記事を書いていたことが分かります。
しかも秋篠宮家の最側近の職員がネタ元であったのであろうと容易に推察出来ます。
つまりはイボ道場の皇室番である師範の憶測のみのブログなんぞ読むより女性誌のゴシップ記事を読んでいた方がよっぽど皇室について正しい情報を得ることが出来るわけです。

朝見の儀は、皇居の宮殿・松の間で行われる格式の高い儀式だ。もはや秋篠宮家だけの問題では済まなくなる。女性皇族のご結婚において、この儀式を行わずに皇族の身分を離れられたような例は、皆無だろう。あろうことか、天皇陛下にご挨拶もしないで皇室を去るという、この上ない無礼になるのだから。秋篠宮殿下は、最悪、そうした事態まで見据えられて、眞子殿下に最初の条件をクリアすべきことを厳しく求めておられる。

今回の秋篠宮殿下のご発言は『結婚は認めるけれども、条件をクリアしないと勘当だ』に近い厳しい内容です。秋篠宮殿下は2年前に『多くの人が2人の結婚を納得し、喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀をおこなうことはできない』といった話をされています。
私が驚いているのは、一連の儀式の最初となる『納采の儀』をやらないとなると、天皇陛下、皇后陛下とのお別れの儀式である『朝見の儀』ができなくなる恐れがあるからです。

今回の結婚はイボ道場の皇室番の言葉を借りるならば、「眞子さまは勘当された」わけです。
果たして、それはおめでたいことなのでしょうか。
今回の結婚をめでたいと思う奴の頭脳の方がよっぽどおめでたいでしょう。

眞子内親王やコムロ系の自由意志を何よりも尊重されるべきだというのならば、それはつまり人権を尊重せよと主張しているのであり、その人権を阻害する要因は皇室という制度にあります。
皇族は皇室という制度によって人権を著しく侵害されています。
つまりは眞子内親王の自由意志を尊重するよう求めるのならば同時に皇室解体の声もあげなければスジが通りません。
皇統を維持することと個人の自由を守ることを両立させることは極めて困難であると今回の事例は示しました。
ならば、その点について深く議論して考察する必要がある筈なのですが、イボ道場の連中はそんなことは意に返さず、「こんな日本など捨てて、アメリカ人になればハッピーだ」だとしか言っていません。
その考え方自体、私は否定するつもりはありませんが、ならば素直に「皇室解体」を主張すべきだし、「皇統など興味がない」と白状すべきでしょう。

日本国中が二人の仲を妨害していたが、わしは真剣な恋愛を応援していたので、「おめでとう」と言っておく。皇族じゃなくなるだろうから、年配者が若者を祝う軽さで、祝福する。こんな八つ墓村みたいな日本からは脱出した方がいい。

眞子内親王は現段階ではまだ皇族であるのに、年長者というだけで偉そうにマウントをとるイボナメクジ。
しかも普通に「おめでとう」と祝意を表するのではなく、「言っておく」と付け足す無礼さ。

厳しい処置をとったのは親である秋篠宮殿下であり、つまりイボナメクジは秋篠宮皇嗣殿下を八つ墓村の住人呼ばわりしたことも覚えておきましょう。


この記事へのコメント