1コメント

内弁慶のバカ殿

ズバリ、イボリン先生はYouTubeから離れられないでしょう。だって、じっくりイボ舐め会に参加した時に聞いたよ。
「YouTubeのアクセス数は、ニコニコの倍以上ある。」って言ってたもんね!
そりゃ変異してまで、しつこく張り付くでしょう。
管理人さんが言う他の動画サービスなんて「誰も見てくれんやないか!」とイボの中心で叫びそうです。
イボリン、それならスパチャでちゃんとお金が入るようにしなきゃ勿体ないよ。
トッキーに告知しろとか言って、ファンからのお布施を搾り取るようにしなきゃダメじゃん。
(無名、もしくは元門下生の…名前はナイショさん)

このコメントについて、Twitterにて気になるやりとりをしている方々がいました。

「聞造会」と、イボ舐め会こと「じっくりよしりん会」は違います。前者は上級信者の運営会議、後者はそこそこのスタッフをしてる者とのファンミーティングです。
よしりん会でヤバさに気づき、いなくなった人もいますが。
意外とその場では無口というかやや挙動不審なんですよね。ある人は「ただただ苦痛だった」と。信者素質のある人間とそうでない人間で感じ方が天地の差になるようです。

イボナメクジが「意外と無口で、やや挙動不審」という話は元門弟の葉月蓮さんもしており、食事の席で会話が途絶えること度々で微妙な空気になり、かなりストレスが溜まったというように聞いた覚えがあります。

また別の方もメーリングリストでいつかの忘年会について話題になった時に「先生を壁の花状態にして申し訳ありませんでした」と謝罪をしていたといいます。

設営隊に参加した方の証言では、道場開催当日の設営時にイボナメクジが控え室からふらっと出て来て、誰に話しかけるでもなく顎に手を当てたり、腕を組んだりと挙動不審な動きをして辺りを見回していて、設営隊員がその振る舞いに困惑していると、誰に声をかけるでもなくまた控室にそそくさと引っ込んでいった姿が痛々しかったといいます。
要するに自分からは声をかけられず、設営隊の誰かから話しかけられるのを待っていたのでしょう。
79C9EAD9-1B65-43EE-B3CF-EA0F43E66264.jpg
イボナメクジはマンガのキャラとは違い、極度の内弁慶であり、そういう意味ではブログやTwitterでは強気のネット弁慶イボスタッフドロヘドロと同類です。

そういえば、ほぼ道場に参加もせずにメーリングリストへ投稿していた私が道場に応募した時のこと、イボナメクジは道場開催前の設営時にまたまた控室から出て来て、今度は勇気を振り絞り設営隊員に次のように声をかけたそうです。
「鷲尾はまだ来とらんの? わしは鷲尾に会いたいからね〜」(ハイトーンボイスの妙なイントネーションで)

そうして道場終了後にイボスタッフのウドちゃん(仮名)が「先生が呼んでいるから控え室に来い」と命じて来ました。
しかし私は直接面談する意味がないと思ったので強く遠慮申し上げたのですが、ウドちゃんが執拗に要求し、門弟たちからは「先生と直接話せるなんてどれだけ羨ましいことか分かっているのか。それを断るなんて許せない」などと説教され、渋々応じることにしました。

一階に降りると、当時門弟であった牛タンメガネさん(仮名)が退会したいと願い出ているのを必死で引き止めているイボナメクジがいました。
イボナメクジは牛タンメガネさんが門弟を辞めてしまうのが本当に惜しい様子で、それは彼が知的であったからなのか、それともその娘(当時中学生)を狙っていたからなのかは今となっては分かりません。

ともあれ、その説得のあいだ私は長いこと待たされ、「会いたいと言うから来てやったのに何だこの仕打ち」と内心ムカつきつつ、ようやく面談することになったら特に話題もなく、イボはただにやにやするばかりで、私は「え? 用があって呼んだのはそっちだろ?」と驚き、間を取り持つようにパンダーウーマンが私の投稿についていくつか話を振ってきて、私がそれに応えるという謎の時間を過ごしました。
エキノコックスは人見知りを全開にしたような様子で私に話しかけることはなく、ラッキースケベ師範にいたっては私を不審者でも見るような目で見るだけでした。
あれは一体なんの罰ゲームだったのでしょうか。
正直、用もないのに呼ぶなと思いましたが、今から思い返してみると、優秀な門弟であった牛タンメガネさんが辞める辞めないで揉めていた時でもあったので不安であったのでしょう。
イボナメクジはなんて気弱な内弁慶のマザファッカ野郎なのでしょう。
驚きだよ。悲しいことだよ。
41324ADA-53BC-4DA5-9734-174F756A7F5C.jpg
イボ情報提供窓口メールアドレス
ibonamekuji@gmail.com

FC2ブログコメント欄(非公開設定も可能です)

TwitterのDMでも情報提供を受け付けています。

この記事へのコメント

  • 実際に会ってみるとそんなものです
    現実のイボナメクジには、本人が自称しているようなカリスマの風格などありません
    普通に気弱なおっさんです
    マスク着用を求められたら、その場は渋々従うけれど後で漫画の中で怒り狂うのが落ちでしょう
    それにしても、何の用で管理人さんを呼び付けたのか全く謎ですね
    ただ単に寂しくて、頭のいいわしのファンに会いたかっただけなのでしょうか
    2021年10月09日 11:00