2コメント

内ゲバ道場

幹部門下生ズリセン弾きはキラービーさんについて、道場メーリングリストにて、以下のように罵倒していました。
辞めた人間B(アンチ化した無口なチンカス)が突然キレ始めて、「Aが可哀想になってAに同行を申し出た」「比較表とかアホらしくてやってられん」「組織の体をなしてない」みたいなコトを捨て台詞に、去っていきました。^^;

いやいや、「組織で動く」ということは、誰に対しても分かりやすく誤解のないよう、歪まずに伝達されることが重要なので、適切なドキュメントを作って伝達するコトは、新入社員レベルの組織人の基本なのですが、彼らにはその感覚は無かったようです。

つまるところ、彼らに共通するのは、
・仕事ができず責任も負えず、社会適合性に難がある(「非社会的勢力」)
・たぶん似たような感じで、定職に就けない。
・でもナゼか偉そう(能力とプライドが不釣り合い)
・誰かに構って欲しい、存在を認めて欲しい
・本当の自分を見つけたい(「本当の自分」なんかどこにもなく、自分で自分を演じきるだけなんですが...)
・よしりん先生や、ゴー宣道場、設営隊・門下生に対して救いを求めている。
・ゆえに自分の期待に添わなかったら「裏切られた感」が壮絶になる。
といった特徴があるように思います。

何故ここまで罵倒するのか、それはある出来事を根に持ち、怨念に凝り固まってしまった為でしょう。

キラービーさんはズリセン弾きが書くライジングコメントやメーリングリストの投稿について、誰かを蔑む文章や単語が必ずと言っていいほど挿入されていることに参加当初からウンザリしており、「ゴミ」「バカ」「幼稚」「童貞」などの乏しい語彙での罵倒投稿があるたびに「ああ、またか」という思いでウンザリしていたそうです。

それはリアルでも同様で、飲みの席(2019.09.09)での罵詈雑言が飛び交う状況に「残念に思う」と発言したキラービーさんに対し、翌日になって個人的な謝罪LINEを送信したことに屈辱を覚えたのでしょう。
その恨みを既に相手がいないメーリングリストで晴らしたわけです。
いかにもイキリオタクらしい仕草です。
このあたりがイカ草夫やビビゾネスめた子や尻穴屋と同類と言われるゆえんです。
批判された相手が見ることが出来ない場所でコソコソと陰口を叩いている奴が、よく「無口なチンカス」などと言えたものです。
キラービーさんは悪口で盛り上がっている飲み会の席で堂々と異議を唱えているではないですか。

ちなみに、陰口男ズリセン弾きは次のような謝罪LINEをキラービーさんに送りつけてきました。
キラービーさん、おはようございます。皮かむりのズリセンです。
先日はお忙しいところ合流して下さり、ありがとうございました。
その席において、ドン退き(原文ママ)させ不快にさせてしまったこと、改めてお詫び申し上げます。
大変失礼を致してしまい、誠に申し訳ざいませんでした。(原文ママ)
諸々の事情はあったにせよ、たしかにキラービーさんの仰る通り、バカだのゴミだのは、言い過ぎでした。
先日、よしりん先生がホワイトボードに図を描いて下さりましたが、今から思えばあのとき、その図の「私」の部分が全開になっていたと改めて思います。
LINEにて失礼とは存じますが、改めて申し訳ございませんでした。》

ズリセン弾きは自分をやり手のように演出していますが、本当にやり手ならば、謝罪文は簡潔に済ませるのは社会人として基本中の基本でしょうに、マヌケなズリセン弾きのソレは単なるマスターベーションに過ぎません。
謝罪しているように見せかけた自己弁護ほど見苦しいものはありません。
その上、謝罪したことに勝手に屈辱を覚えて一方的に恨むのですから迷惑な話です。

そんなイキリオタクのズリセン弾きが支えている遅延ブーは、とにかく自分は有能であると自己暗示をかけているようで、他の門下生をひたすら見下してみせます。
特に古参門下生を煩わしく思っているようで、新規の門下生へ個別にLINEで繋がり、古参の悪口を吹聴していたようです。


7C89DC24-BA5E-4AA1-81F5-0E4EA2232873.jpg

《さっき言っていた人たち》とは、古参門下生のことです。
42DF66C9-1CA5-4425-B4DC-BEF36ECFDE33.jpg
《さっきいった、関西、古参門弟、九州、これらは、私が活動をする前から、自分たちの実績があると自負しているのです

であるから目障りであり、排除していきたいと思っているわけです。
事実、〆鯖子やビビゾネスめた子やエビチリさんといった古参が遅延ブーの策略によって道場から去って行きました。
カリィ紅衛兵は失脚し、苔ナビは発言権を失いました。
実に愉快な内ゲバ道場です。



"内ゲバ道場" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。