3コメント

謀略への怨みとビラ撒きシンパ

イボナメクジ公認のファンサイトには中高年向けエロ記事が満載の雑誌に掲載されているイボマンガの感想を語り合っている座談会の様子が書き起こしされています。

47A7FE36-68C3-4C80-9506-13FDCB20725F.jpg
週刊SPA!9月8・15日合併号 第97章「コロナ差別は恐怖から生まれる」

その中で、ファンサイト管理人であり、初代道場推進隊長であったカリィ紅衛兵が、かつて自分を道場追放に追いやった現推進隊長遅延ブーや最高幹部ボンクレー、中四国設営隊長白ベアについての恨みを赤裸々に吐露しておりますので、道場メーリングリストに参加しているコアな道場生たちは必ず目を通すべきでしょう。

カリィ紅衛兵は次のように述べています。
31394367-307F-4293-83A2-80437D7F22A8.jpg
すごくよく分かります。私も、仲良かった人や、影からそれなりにフォロー差し上げていた人から、ある日を境に集団で石をぶつけられた経験はありますが、「人は、こんな言葉が言えるのか?」とか「人は、こんな行動が取れるのか?」と驚いたことがあります。人間の奥底に存在するヘドロのような感情は、突然表出するので怖いです。この感染者を差別する人にしても、もし自分が感染したらどうするのかな?

なんと、カリィが陰からフォロー差し上げていた白ベアが遅延ブーと共謀してカリィを陥れ、強い男という立場を利用してか弱い女を恫喝したという事実を作り上げられ、遂には道場門下生ではいられないようにされたとの恨み節を垂れ流し、そのドロヘドロのような感情を表出させた最高幹部たちの汚らしさを皆に知ってもらいたいとの思いが溢れ出ています。
わざわざファンサイト内でその件について蒸し返すのですから、道場メーリングリストで再度問題視して欲しいと願っているのでしょう。
恫喝事件はいわば冤罪事件のようなもので、薄汚い計略を立てた遅延ブーと白ベアこそが非難を受けるべきであると未だに思っているのがよく分かります。

ブーの策略に嵌る紅衛兵
《カリィ紅衛兵は2019年9月に余命幾許かの父親の看取り介護のために関西設営隊を引退(何じゃそら)し、12月末に女性門下生を恫喝(?)していたことを謝罪させられ、更に誰に言われたわけでもないのに、ゴー宣道場の敷居を跨がないことを誓い、それから道場メーリングリストでは投稿もせず沈黙しました。

カリィ紅衛兵はイボナメクジはいつか必ず公正な判定を下してくれると信じています。
カリィ紅衛兵らイボシンパは未だにイボナメクジは常に「公のため」に働いている大人物であると思っているのです。
憲法や皇室のことについて公論を喚起している偉人であるのですから、私の妻への讒謗や壇ミッツさんへの仕打ちなど裏でセコイ悪事を働いていたぐらい目をつぶるべきだとさえ考えているようです。

立場を利用してシンパの女性をそそのかし、勃たないナメクジを舐めさせていたことなどイボナメクジのイチモツと同じぐらいに小さなことであり、私の妻について人権侵害甚だしいデマを流して誹謗中傷した動画を配信し続けている非道だって、我々夫婦が我慢すれば済む話なのでしょう。
なにしろイボは公論を喚起しているのですから、その一大事業に比べればすべての卑しい行動は些細なこととして帳消しにしなければならないとするのがイボシンパたちの一貫した想いです。
しかし果たしてイボナメクジが今現在主張していることは本当に公論と呼べるものなのでしょうか?
本当にこの社会に必要な議論をしているのでしょうか?

イボ界隈が勝手に「公のため」と思い込んでいるだけで、イボの言論もどきは却って世の中を混乱させる害悪のようなものなのではないでしょうか?
もし、そうであるならば、私は彼のチンケな悪事について口を閉ざす必要はありません。
イボナメクジは他者に向けて「汝自身を知れ」と訴えていますが、イボナメクジの方こそ汝自身を知らねばならないのではないでしょうか?

あくまでも「公」のためだ。日本にこれを言ってる者がいないからだ。「汝自身を知れ」である。

イボ界隈の連中は本当に汝自身を知った方が良いでしょう。

昨日のこと、ドライブ途中の車内での妻との雑談のなかで、人気や影響力について話していたのですが、たとえば自分が好きな作品が世間でそれほど人気がないとして、それで自分がその作品が好きであるという気持ちが減じるかといえばそんなことはありません。
しかし、どういうわけかイボシンパというのはイボマンガが人気がまるでないことを指摘されるとムキになって反論します。
それは作品の売れ行きについても同様です。

私が好きな作品で世間的にはそれほど評価されていないものはたくさんあります。世間で人気がなくても好きである気持ちに変わりはありません。
そりゃ好きな作品はなるべく多くの人に知ってもらいたいという気持ちはありますが、人気がない事実を否定することはありません。
だって、人気によって作品の良し悪しが決まるわけがないのですから当然です。
しかしイボシンパはそれを受け入れられないのです。
何故なら、イボナメクジ自身がかつて売り上げでマウントをとり、「お前の本よりわしの方が売れている。つまり世間の多くはわしを支持している。ゆえにわしの意見が正しい」と言わんばかりの反知性的振る舞いで論敵の反論を封じている気になっていたので、人気イコール正義という図式に拘泥しているのです。
だからこそ、人気がないとか売れていないとか指摘されると異様に狼狽し、それを必死で否定するわけです。

皇統についても、遅延ブーが管理するサイトで愛子内親王をまるで人気者(アイドル)のように取り上げているのも悠仁親王より人気があるかのように工作するためであるのは明らかです。
「人気があるゆえに正統」という頭の悪い考え方をさらけ出しているのです。

人気がある。売れている。影響力がある。
そう思わなければ不安になるシンパの心理は異常です。
小説幻冬での連載が打ち切りになった事実を認められないのもその異常な心理が働くからでしょう。

自分が好きなマンガが打ち切りになるなんてザラにあることで、それはとても残念に思いますが、打ち切りである事実を認めないなんてことはありません。
「嗚呼、人気が取れなかったんだな。俺は好きだったけど、世間には届かなかったんだ」と思い、ちょっぴりしんみりとおセンチになるぐらいです。

B3595A59-7A5C-4D95-A450-E540367292C1.jpg

イボナメクジが人気がない事実やさほど話題にもなっていない現実を受け入れられないシンパが明らかに度の超えた行動に出るようになってきていて、ゾクゾクしてきます。
背筋が凍ると同時に、「オラぁワクワクすっぞ!」と頭脳の中で野沢雅子の声が響いてきます。


"謀略への怨みとビラ撒きシンパ" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。